デジタルアート

【保存版】ペイントソフトおすすめの定番はこれだ!

おすすめのペイントソフトとは一体どういうものでしょうか?

それは、確かな性能と品質を持ったソフトウェアであるべきです。

また、ユーザーが求めているものは何かを考え、ユーザーにとって価値あるものを提供している製品のことです。

ここではそんなペイントソフトを、その特徴と共に詳しく紹介しました。

本格的にデジタル制作に取り組みたい、という際の参考になればと思います。

おすすめのペイントソフトは何か?

どういったペイントソフトを利用するべきでしょうか?

重要なポイントは、「実用性と信頼性」だと言えます。

まず最も必要なものは実用性です。本質的にユーザーが手に入れたいものはそれです。

そして、次に重要なものが信頼性です。

信頼と実績のあるメーカーの製品こそ、利用するべきものです。

おすすめのペイントソフト
  • CLIP STUDIO
  • Photoshop
  • Corel Painter

これらを踏まえて総合的に判断すると、「CLIP STUDIO」、「Photoshop」、「Corel Painter」がおすすめできるペイントソフトだと言えます。

おすすめの定番ペイントソフトを詳しく解説!

それでは、おすすめのペイントソフトをそれぞれ詳しく紹介していきます。

「CLIP STUDIO」、「Photoshop」、「Corel Painter」、製品ごとにその特徴をわかりやすく解説します。

CLIP STUDIO

CLIP STUDIOは、正式にはCLIP STUDIO PAINT(クリップスタジオペイント)と言って、ペイントソフトを代表する製品です。

セルシスという日本メーカーのソフトウェアです。

アニメ制作、マンガ制作、イラスト制作など幅広いニーズに応える、非常に万能なペイントソフトです。

その使いやすさと機能性の高さで、絶大な支持を得ています。

国内における圧倒的なトップシェア

CLIP STUDIOは、国内においてダントツの人気を誇ります。

世界最大級のイラストSNS、ご存知「pixiv」においても、圧倒的な利用率を獲得しています。

また、美術大学や専門学校など、教育機関でも広く導入されています。

様々なクリエイティブの現場のニーズに応える、価値と魅力を備えたソフトだと言えるでしょう。

CLIP STUDIO PAINT PRO

日本のクリエイターたちに、最も支持されているペイントソフトだということでしょう。

Photoshop

Photoshopは、世界的にも非常に有名な画像編集ソフトです。

デザイン関連の幅広い分野で利用されています。

その高度な性能から、画像編集のみならずイラスト制作にも広く使われるようになりました。

フィルタ機能、補正機能など、グラフィック編集の性能において右に出るものはいません。

アメリカの大手ソフトウェア企業である、Adobe(アドビ)の代表的な製品です。

圧倒的なブラシの豊富さ

Photoshopのペイントソフトとしての魅力は、やはり圧倒的と言えるブラシの豊富さです。

ブラシに対して非常に細かく設定ができ、その多彩さによる表現力の高さは、他の追随を許しません。

これがPhotoshopの大きな魅力と言えるでしょう。

国内においても、多くのクリエイターが愛用しています。

【Adobe Photoshop】

フィルタ機能や補正機能なども充実していて、非常に高性能なソフトウェアです。

グラフィックデザインにおける革命児

Photoshopの最初のバージョンは、1990年に当時のAppleのパーソナルコンピュータ、Macintosh(マッキントッシュ)向けに発売されました。

デザイン業界では、Photoshopを利用するためにMacintoshを導入するほど、凄まじい人気を獲得しました。

その後、パソコンの高性能化や低価格化に伴い、企業だけでなく一般市民にも広まります。

そして今やグラフィックデザインやイラストレーションにおいて、標準装備といえるほどの、世界規模での圧倒的なシェアを誇ります。

Corel Painter

Corel Painterは、非常に高い表現力を持ったペイントソフトです。

その最大の特徴は、画材の質感を忠実に再現できることです。

アナログの画材の質感を、可能な限り正確にシミュレートするために開発されたソフトであり、その再現性の高さは驚くべきものです。

その性能の素晴らしさから、長年に渡り多くのクリエイターたちが愛用しています。

画材の質感を忠実に再現

どのペイントソフトにおいても、様々な画材を模したブラシはありますが、Corel Painterはレベルが違います。

まるで本物の絵の具で描いているかの様な、リアルな質感を表現できるのです。

絵の具の盛り上がりや混ざり込みなど、実際の画材の特徴が極めてリアルに再現されます。

【 Corel Painter】

アナログ画材のリアルな質感を求めている場合には、これ以上ないソフトウェアです。

無料ソフトか有料ソフトか?

やはり無料ソフトよりも、有料ソフトをおすすめしたいです。なぜなら機能性が段違いで、身につくスキルも格段に多いからです。無料ソフトはあくまで手慣らし程度に捉えて、本格的に取り組み始めるときは、市販のペイントソフトを使いましょう。

まとめ

おすすめの定番ペイントソフトをわかりやすく解説しました。

確かな実用性と信頼性を持つのは、「CLIP STUDIO」、「Photoshop」、「Corel Painter」といったソフトウェアです。

クリエイティブの現場において広く利用され、長年に渡りクリエイターたちを支えてきました。