IT入門講座

ブラウザとは何か?基本から主なソフトまでわかりやすく解説!

ブラウザとは一体何でしょうか?

ブラウザはインターネットを利用する際に欠かせないソフトウェアです。

現在では最早お馴染みのものですね。

誰もが使ったことのある、最も頻繁に利用されるソフトだと言えます。

しかし、それが具体的にどういうものかわかるでしょうか?

そこでここでは、今さら聞けないその基本から、詳しく解説したいと思います。

ブラウザとは何か?

ブラウザは正式にはウェブブラウザ(web browser)と言って、

ウェブサイトを閲覧するためのソフトウェアです。

ブラウザを使うことで、YahooやGoogleやYouTubeを見ることができます。

ブラウザはウェブサーバに接続し、HTMLなどのハイパーテキストを読み込み、ウェブサイトを表示させます。

HTTP(Hypertext Transfer Protocol)という通信プロトコルを利用して、ブラウザとウェブサーバは通信します。

要は、コンピュータ上でウェブサイトを表示させるためのソフトです。

情報化された現代社会において、最も頻繁に利用されているソフトウェアと言えるでしょう。

代表的なブラウザ

ブラウザにはいくつか種類があります。

OSによっても、標準搭載のブラウザは異なります。

代表的なものを紹介します。

Google Chrome

ご存知Googleのウェブブラウザです。

使いやすく安定性があり、広く利用されています。世界的に圧倒的なシェアを誇ります。

基本的にネット上からダウンロードして利用します。

Androidには標準搭載です。

ChromeやFirefoxの登場以前は、MicrosoftのInternet Explorerが独占状態でした。

はじめてChromeを使ったときは、動作の軽さに驚きました。Internet Explorerは、とにかく遅くて不安定で、いい印象が残っていません。

Mozilla Firefox

Mozilla(モジラ)という企業の開発したブラウザです。

Google Chromeと同じく使いやすく、世界中で広く利用されています。

基本的にネット上からダウンロードして利用します。

2004年にバージョン1がリリースされて以来、長く親しまれています。

Safari

Appleの提供するブラウザで、MacやiPhoneに標準搭載です。

Apple製品以外では、基本的に使用しません。

iPhoneの爆発的な普及もあり、広く利用されています。

Microsoft Edge

Microsoftの提供するブラウザで、Windows10に標準搭載です。

Internet Explorerが酷かったためか、あまりシェアは伸びていません。

まとめ

ブラウザとは何か解説しました。

ブラウザがあるからこそ、インターネットのウェブサイトを見ることができます。

ネットをする上で欠かせない重要なソフトウェアです。