デジタルアート

ペンタブとは何か?わかりやすく完全解説!

ペンタブとは一体何でしょうか?

現在、様々なクリエイティブの現場で使われ、多くのアーティストにとって必需品となっています。

アニメ、漫画、イラストをはじめ、絵を描く仕事で広く利用されています。

ここでは、そんなペンタブを基本からわかりやすく解説しました。

その特徴から、代表的なメーカー、またその成り立ちの歴史に至るまで詳しく紹介しています。

ペンタブは、メモや解説の書き込みなど日常用途にも使えて便利です。

\誰でも格安プラン!/

ペンタブとは何か?

ペンタブとは、デジタルのイラスト作成や絵画制作などで使われる、タブレット状の機器のことです。

パソコンと接続したタブレットの上を、専用のペンでなぞることで、カーソルの移動や描画を行うことができます。

ペンの筆圧や傾きを感知するため、手描きのように線の太さや色の濃淡を調節できます。

それにより、マウスよりも遥かに正確な操作ができ、精密で繊細な描画が可能です。

アニメ、マンガ、イラストなど、今日のクリエイティブな現場において、非常に活躍しているデバイスだと言えます。

デジタルアートにおいて、ペンタブは必須とも言えるデバイスである。

ペンタブのつくり

ペンタブのつくりとしては、本体であるタブレットと入力用のペンが必ずセットです。

このペンは、正確に言うとポインティングデバイスという装置です。

このペンによって位置を指し示し、本体のタブレットに内蔵したセンサによってそれを読み取ります。

これにより、位置と動きの情報を正確に読み取り、現実の動きを全く遅延なく再現することができます。

つまりは現実に手で描いている動きを、そのままコンピュータの画面上で再現できる機器だということです。

液タブと板タブ

技術の発展により、液晶ディスプレイと統合されたペンタブができました。画面に直接ペンでタッチして描けるので、手描きとほとんど変わらない感覚で作業ができます。この液晶タイプを「液タブ」、そうでないタイプを「板タブ」と言います。

ペンタブの発展の歴史

ここで、ペンタブのこれまでの歴史を見てみたいと思います。

どのような発展の経緯があるのか、わかりやすくまとめました。

今日に至るまでの、様々な出来事やつながりがわかって面白いですよ。

位置入力装置のデジタイザ

まず、デジタイザと呼ばれる装置がその始まりでした。

デジタイザとは、信号や人間の操作をデジタル化し、データとしてコンピュータに取り込む装置のことです。

板状の装置とポインティングデバイスによって、位置座標をデジタルデータとして送信します。

位置入力装置として、ペンタブの原型となりました。

スマホやATMなど、デバイスではなく指で直接入力するものは、タッチパネルと言います。

Appleによる最初のペンタブ

 パーソナルコンピュータという、コンピュータの新しい可能性を切り開いたのが、アメリカのApple社でした。

Appleが1977年に発売した『Apple II』は、今日のパソコンの原型となります。

そして、この『Apple II』のオプション製品として、『Apple Graphics Tablet』が1979年に発売されます。

これが民生用に市販された、最初のペンタブでした。

パソコン、スマホ、タブレット、今日のIT機器の多くをAppleが生み出しました。

Wacom社の設立とペンのワイヤレス化

1983年に電磁誘導方式のペンタブレットを研究する企業として、Wacom(ワコム)社が日本で設立されました。

それまでのペンタブレットは、ペンに電源を供給するコードが必要でした。

一方で、Wacomのペンタブレットは電磁誘導方式を採用し、ペンにコードが必要なくなりました。

つまりは、ペン機能のワイヤレス化に成功したのです。

Wacomが日本企業だと知ったときはビックリしました。

Wacomによるペンタブ市場の拡大

Wacomはペンタブの世界展開を積極的に行なっていきます。

製品の実用性の高さもあり、ペンタブという市場の拡大とその世界的な普及に成功します。

そして、日本国内はもちろん、圧倒的な世界シェアを獲得するに至りました。

現在まで数十年にわたって、ペンタブレット市場をほぼ独占しています。

電磁誘導方式とペンタブのワイヤレス化

Wacomがペンタブに用いた電磁誘導方式とは、電磁誘導の原理を用いて給電する方式のことです。2つのコイルを接近させて一方のコイルに電流を流します。するとコイルを貫くように発生する磁束を通して、もう一方のコイルにも電力が生まれます。この現象を活用することで、ケーブルにつながなくても給電できる、ワイヤレス化が実現されたのです。

\誰でも格安プランで/

ペンタブの代表的なメーカー

それでは、ペンタブを製造している代表的なメーカーを紹介します。

ペンタブ市場は長らくWacomの独壇場でしたが、近年は中国系企業の躍進が著しいです。

性能面に加えて、価格の安さが最大の特徴です。

ここではWacomを筆頭に、注目すべきメーカーを取り上げました。

Wacom

Wacomはダントツの世界シェアを誇る、日本のペンタブレットメーカーです。

ペンタブとはWacomのことである、と言っても過言ではありません。

ペンタブレットという分野のパイオニアにして王者です。

その確かな技術力と信頼性で、長年に渡りユーザーから支持を得ています。

Wacomのペンタブレット

XPPen

XPPenは、品質に定評のある代表的なペンタブレットメーカーです。

公式サイトによると2005年に日本で創立され、その後中国の大手IT企業と合併し、その子会社となったようです。

確かな性能と価格の安さが売りで、そのシェアを着実に伸ばしています。

現在はWacomに次ぐシェアを誇ります。

【XP-PEN】 公式ストア

購入する際は、XPPenの公式ストアがおすすめです。長期保証や限定特典があります。

Apple

もはや知らない人はいない、21世紀のITテクノロジーを代表する企業がAppleです。

そのAppleの代表製品であるiPadは、すぐれたペンタブでもあります。

Apple Pencilというデバイスを利用することで、Wacomのペンタブにも劣らない精度の高さを発揮します。

iPad上の様々なアプリに対応していることも大きな魅力です。

Amazonの【Apple】公式ストア

iPadはペンタブとしても優れています。

\誰でも格安プラン!/

まとめ

ペンタブをその基本からわかりやすく解説しました。

それは、ITテクノロジーの発展と共に生まれた、直感的で精密な入力を可能にするデバイスです。

デジタル上でのイラストや絵画の制作に、もはや欠かすことのできない存在となりました。

そして、それを実現したのは、絶え間ない研究開発の積み重ねです。

いつの時代においても、新しい芸術表現の発展の裏には、まずテクノロジーの進歩があるのです。