デジタルアート

今さら聞けない!AirTag(エアタグ)とは何かわかりやすく解説!

AirTag(エアタグ)とは一体何でしょうか?

それはAppleが開発した、とても便利なアイテムです。

AirTagはその利便性から人気がある。

その使いやすさから、非常に人気が出ています。

しかしAirTagとは一体どういうものでしょうか?

AirTagをその基本から徹底解説!

そこでここでは、AirTagとは何かわかりやすく解説しました。

その特徴からデメリットまで詳しく紹介します。

AirTagとは何かをサクッと学んでみましょう。

僕自身Apple製品が大のお気に入りです。

AirTagとは何か?

AirTagとは、Appleによって開発されたキーファインダーです。

2021年に発売されました。

忘れ物タグとかスマートトラッカーとか言うこともあります。

失くしたり置き忘れたりした持ち物を見つけるための、小さな電子デバイスのことです。

つまりは小型発信機ですね。

紛失防止のために、鍵、財布、バッグ、スマホなどに付けて利用します。

Apple AirTag

AirTagの特徴

AirTagは、自分の持ち物を見つけやすくするために設計されています。

iPhoneの「探す」アプリから現在地を確認したり、音を鳴らしたりすることができます。

使いやすくデザインも洗練されていて、とても人気があります。

またAirTagは、近くにあるiPhoneやiPadなどのApple製品が場所を検知しています。

つまり世界中にあるApple製品の「探す」ネットワークが、その位置情報を特定してくれるのです。

これにより「探す」アプリを開いて、マップ上で確認できるというわけです。

またAirTagが近くにあるときは、iPhoneによってより正確な位置を特定することができます。

これらの通信は完全に暗号化されているので、プライバシーは守られたままです。

効率も良いので、バッテリー残量やデータ使用量を心配する必要はありません。

AirTagを使えば、自分の持ち物を簡単に見つけることができる。

AirTagの使い方

AirTagの使い方は非常に簡単です。

iPhoneやiPadと、ワンタップで接続して設定できます。

あとは追跡したい自分の持ち物に、取り付けておくだけです。

AirTag自体に画面やボタンは無く、AirTag単体での操作はできません。

基本的にiPhoneの「探す」アプリにより操作を行います。

また電源はボタン電池を使用しており、自分で簡単に交換することができます。

電池持ちは1年以上とのことです。

AirTagの使い方は、自分の持ち物に付けておくだけである。

AirTagの問題点

とても便利なAirTagですが、犯罪行為に悪用されることがあり問題にもなっています。

追跡機能を利用した、車の窃盗やストーカー行為などが挙げられます。

車両やカバンなどにAirTagを仕掛けて、その位置を追跡するのです。

そうしたAirTagを悪用するケースはごくまれですが、Appleも対策を強化していっている様です。

\高品質!安心の伊藤忠グループ/

まとめ

AirTagとは何かを、わかりやすく解説しました。

それはAppleの開発したキーファインダーです。

自分の持ち物を、見つけ出すのに役立ちます。

また使いやすくデザイン性もあり、とても人気のある製品です。

Apple AirTag