デジタルアート

「聴く読書」Audibleをわかりやすく解説!

昨今「聴く読書」であるオーディオブックの人気が急上昇しています。

聴いているだけで読書ができる利便性から、多くの支持を得ているのです。

聴く読書であるオーディオブックの人気が高まっている。

その中でも注目するべきは、Amazonの提供するAudibleです。

世界的にも展開している、オーディオブックの中心的サービスになります。

Audibleをわかりやすく解説!

ここではそんなAudibleを、その基本から解説していきたいと思います。

一体どういうサービスでどんな特徴があるのか?

どういう利用の仕方や利便性があるのか?

またデメリットや実際の評判まで、詳しく解説していきます。

それではAudibleを詳しく知ってみましょう。



僕自身Audibleにハマっています。使いやすくて便利なサービスですよ。

Amazonの「聴く」読書Audible 2か月無料体験+100ポイントキャンペーン

2192000

Audibleとは何か?

Audible(オーディブル)とは、業界最大手のオーディオブック提供サービスのことです。

オーディオブックとは、書籍の朗読を録音したものになります。

そのため「聴く本」とも呼ばれています。

Audible(オーディブル)では、聴き放題の定額制サービスを提供しています。

プロのナレーターが朗読した本を、アプリで聴くことができますよ。

プロの声優や俳優のナレーションで楽しめる。

スマホやタブレットなど、自分のお気に入りの端末で利用できます。

移動中や作業中など、いつでもどこでも好きな場所で読書ができ、オフライン再生も可能です。

また基本料金は月額1500円です。

Audibleは1995年にアメリカで設立されました。

そして2008年からはAmazonの傘下となります。

日本においては2015年からサービスを開始しました。

その充実したサービス内容で、ユーザー数を飛躍的に伸ばしています。

業界最大手のオーディオブックサービスがAudibleである。

Audibleの特徴

それではAudibleの特徴を見ていきましょう。

オーディオブック自体が、まだ始まったばかりのサービス形態です。

テクノロジーの発展が可能にした、新しい読書の形と言えるかもしれません。

Audibleの特徴
  • 聴き放題のオーディオブックサービス
  • プロの声優や俳優の起用
  • 好きな時間に好きな場所で楽しめる

そしてAudibleはその中でも注目を集める、中心的な存在と言えます。

とても魅力的なオーディオブックサービスですよ。

聴き放題のオーディオブックサービス!

Audibleは聴き放題の定額制サービスです。

そして12万以上の作品が聴き放題という、非常に豊富な品揃えが魅力的です。

小説、ビジネス書、実用書、児童書まで様々なジャンルの本が揃っています。

オーディオブックサービスの中では随一と言えるでしょう。

また聴き放題対象外の作品も、非会員価格の30%引きで購入することができます。

嫌われる勇気――自己啓発の源流「アドラー」の教え

超豪華!人気の声優や俳優の起用!

Audibleでは、第一線で活躍する人気の声優や俳優が起用されています。

プロによるクオリティの高いナレーションを楽しめるのです。

Audibleはナレーションが豪華である。

やはり声優さんや俳優さんは読み方が上手です。

そのため小説などは物語の世界へ入りやすいですね。

Audibleで聴ける声優・俳優

声優

諏訪部順一、大塚明夫、中井和哉、山寺宏一、宮野真守、杉田智和、櫻井孝宏、古谷徹、梶裕貴、神谷浩史、緑川光、石田彰、岡本信彦、小野大輔、子安武人、斉藤壮馬、細谷佳正、

雨宮天、岡崎美保、坂本真綾、加藤英美里、井上麻里奈、釘宮理恵、朴 璐美、茅野愛衣、高橋李依、井口裕香、花澤香菜、早見沙織、野沢雅子、戸松遥、水樹奈々、高山みなみ、悠木碧、沢城みゆき、小松未可子、古賀葵、堀江由衣など

俳優・タレント

田辺誠一 、城田優 、髙橋大輔、大杉漣、堤真一、加瀬亮、三浦友和、醍醐虎汰郎、ROLAND、藤木直人、松山ケンイチ、杏、宮沢りえ、夏木マリ、大塚寧々、上白石萌音、松嶋菜々子、木村佳乃など

またAudibleでは、人気の声優が自分の出演作品を担当していることもあります。

アニメの原作となったライトノベルなどがその代表です。

ファンにとっては非常に豪華で嬉しい特典ですね。



本の著者本人がナレーションを担当していることもありますよ。

『転生したらスライムだった件』

好きな時間に好きな場所で楽しめる!

Audibleの魅力は、好きなときに簡単に読書を楽しめることです。

オフライン再生にも対応しており、作品をダウンロードすれば電車内や電波の悪い場所でも関係ありません。

通勤・通学などの移動中やリラックスタイムなど、好きな時間に好きな場所で読書を楽しめるのです。

聴く読書はとても手軽で便利である。

まだまだあるAudibleのメリット

Audibleにはまだまだ様々なメリットがあります。

それらはオーディオブックだからこそ可能になったものだと言えます。

Audible様々なメリット
  • 目が疲れない
  • 聴くだけなので楽チン
  • 作品のレビューが読める
  • 英語学習に便利
  • アプリが使いやすい

目が疲れない

Audibleは耳で聴く読書です。

そのため目で文字を追う必要がありません。

目が疲れない画期的な読書法だと言えるかもしれません。

聴くだけなので目を使う必要がない。

聴くだけなので楽チン!

Audibleを利用するときは、基本的に何もする必要がありません。

ただ流れてくる音声を聴いているだけでオーケーです。

リラックスしていても、何か作業をしていても構わない訳です。

好きなときに楽に読書ができる。

作品のレビューが読める!

Amazonのサービスはレビューが豊富なのが便利です。

Audibleのアプリ上から、作品ごとのレビューが閲覧できますよ。

様々な評価や感想を見て、参考にすることができます。



Amazonの書籍レビューとは別に、Audibleのオーディオブックとしての専用レビューがありますよ。

Audible専用のレビューが読める。

英語学習に便利!

Audibleは英語をはじめ語学学習にピッタリです。

英語の参考書が豊富に揃っていますよ。

またAudibleはアメリカで始まったサービスなので、洋書が非常に充実しています。

Audibleは語学の勉強にも向いている。

それらは英語のリスニングにもってこいと言えるでしょう。

まず参考書で学習してから、実際にネイティブの話す洋書を聴いてみる、

という学習方法もいいかもしれません。



洋書にはハリウッドの人気俳優がナレーションを担当している本もありますよ。

アプリが使いやすい!

Audibleはアプリも使いやすいです。

まず再生速度の変更ができます。

自分の好みに合わせて、速くも遅くもできますよ。

また早送りや巻き戻しも可能です。

Audibleのアプリは機能的で使いやすい。

目次機能もあり、今どのチャプターなのかがわかりやすいです。

またチャプターを自由に選んで再生することもできます。

さらにスリープタイマー、ブックマークなども使用できます。

またAudibleのアプリにはドライブモードがあります。

Audibleはとても使いやすいオーディオブックである。

Audibleはこんな使い方が便利!

Audibleは実際にはどういう使い方が便利なのでしょうか?

ユーザーの声をもとに、代表的なものをピックアップしてみました。



日常の忙しさの中でも利用できる。それがAudibleの素晴らしさだと言えますね。

通勤・通学などの移動時間

Audibleは通勤や通学時に便利なサービスです。

移動時間を有効活用しての読書ができます。

聴くだけなので、歩いている最中もずっと読書を続けることができます。

また車の場合は、アプリのドライブモードが便利です。

移動時間や待ち時間を有効活用できる。

家事の最中や合間

「忙しくて本を開く時間が無い!」

といった人にAudibleはピッタリです。

「聴く読書」ならば、家事をこなしながらでも問題ありません。

様々な日常のタスクを行いながら、読書ができるのです。

仕事や子育てに忙しくても、利用しやすいサービスだと言えます。

日々のタスクをこなしながら読書ができる。

散歩やスポーツの最中

運動している最中もAudibleは利用できます。

軽い散歩やランニング時などに適しているでしょう。

休憩やリラックスタイム

入浴や休憩などリラックスタイムに利用するのもおすすめです。

Audibleを流しながら、まったりと聴く読書ができます。

寝る前の習慣にするのもおすすめです。

目を使わないので非常に楽である。

Audibleの実際の口コミ

次にAudibleの実際の評判を見てみましょう。

Twitterの投稿からユーザーの口コミをピックアップしました。



Audibleのレビューは好評なものが多いです。やはり日常のタスクをこなしながらの利用が好まれている様です。

\低価格で高品質!/

Audibleのデメリット

では次にAudibleのデメリットも見てみましょう。

それらはオーディオブックとしての特徴でもあります。

利用する際にはよく確認しておきましょう。

テキストがない

オーディオブックには原文テキストがありません。

基本的に音声データになります。

原文を読みたい場合には、別途用意する必要があります。

写真や図説など資料が見えない

オーディオブックは基本的に音声データです。

そのため写真や図説など、資料の多い書籍には向きません。

雑誌や資料集などはKindleを利用するといいでしょう。

作品の価格が高い

聴き放題の対象外の書籍を読むには、購入する必要があります。

そしてオーディオブックは基本的に価格は高めです。

制作の手間を考えると致し方ない点かもしれません。

しかしながらAudibleの場合、非常に多くが聴き放題になっています。

また聴き放題対象外の作品も、非会員価格の30%引きで購入することができます。

ラインナップの量

オーディオブックは、普通の読む書籍と比べればラインナップは少ないです。

しかしながら、オーディオブックというジャンル自体が急成長しています。

今後さらにラインナップは増えていくでしょう。

またAudibleは、オーディオブックサービスの中では非常に豊富な品揃えを誇ります。

オーディオブックの特徴や欠点を把握しておこう。

Audibleの利用方法

ではAudibleの利用方法を紹介します。

とても簡単にはじめることができますよ。

Audibleのはじめ方

① 公式サイトからAudibleに登録する

② Audibleのアプリをダウンロードする

③ アプリに書籍をダウンロードする

④ アプリで読みたい本を再生する

以上で完了です。

支払いはクレジットカードになります。

またいつでも好きなときに解約することができますよ。

「聴く読書」Audible 30日間無料体験

まとめ

Audibleをわかりやすく解説しました。

それは「聴く読書」であり、魅力的なオーディオブックサービスです。

聴き放題の定額制サービスで、プロのナレーターによる朗読を楽しむことができます。

移動中や作業中など、いつでもどこでも好きな場所で読書ができます。

とても手軽で便利な、新しい読書の形と言えるかもしれません。