西洋美術史

この本を読め!西洋美術史を楽しみながら学ぶのだ!

「美術史を学んでみたいけど、参考書はどれがいいんだろう?」

と考えている方もいると思います。

でも勉強を始めるときって、まず参考書選びからして大変なんですよね。

そこでここでは、西洋美術史を学ぶのに役立つ本を紹介したいと思います。

わかりやすくて実用性があり、評価も高いものをピックアップしてあります。

西洋美術史を学んで、アートをさらに楽しめるようになりましょう。



僕は大学で西洋史を専攻していました。西洋の歴史や文化なら任せてください。

西洋美術史の基本を学ぶ!

それでは早速、西洋美術史を学ぶための参考書を紹介します。

しっかりと基本を抑えながら、わかりやすく読みやすい。

  • 誰にでもわかりやすい
  • 基本を抑えながら専門性も高い
  • カラー写真など資料が豊富

また様々な知識や興味・関心を広げられる。

そうした本がおすすめできます。

『名画のすごさが見える西洋絵画の鑑賞事典』

まずおすすめなのが『名画のすごさが見える西洋絵画の鑑賞事典』です。

西洋絵画の基礎を抑えつつ、様々な背景、巨匠たちの素顔なども解説しています。

年代順に歴史の流れに沿いながら、ひとつひとつの作品を丁寧に解説してあります。

そして豊富なカラー写真で、とても見やすいです。

またポップで親しみやすいイラストも多用され、読み進めやすくなっています。



楽しみながら、西洋美術史を学んでいける本です。

『名画のすごさが見える西洋絵画の鑑賞事典』

『鑑賞のための 西洋美術史入門 』

次に紹介するのが、『鑑賞のための 西洋美術史入門 』です。

古代文明から現代アートまで、年代順に西洋美術史の基本が抑えられています。

ところどころで、専門的な美術用語や概念などを、Q&Aでわかりやすく解説しています。

そして豊富なカラー写真で、見やすい構成になっています。

また親しみやすいイラストも多く使われ、読み進めやすくなっています。



柔らかい雰囲気なのに、専門性もちゃんとあります。

『鑑賞のための 西洋美術史入門 』

『西洋美術史(美術出版ライブラリー)』

西洋美術史の大系と言える参考書が、『西洋美術史(美術出版ライブラリー)』です。

圧倒的なボリュームで、西洋美術史を網羅的に抑えてある本です。

古代美術から現代アートに至るまで、豊富なカラー写真と共に、徹底解説してあります。

各章ごとに専門の研究者が担当し、ポイントをわかりやすく解説しています。



美術鑑賞や参考資料としての利用に、この上ない参考書と言えます。

『西洋美術史(美術出版ライブラリー)』

基本を抑えることで、西洋美術史が見えてくる。

西洋の歴史を学ぶ!

西洋美術史を学ぶ際に、やはり歴史を学び直すことはおすすめです。

時代背景がわかっていると、作品や作者への理解がより深まるからです。

  • 誰にでもわかりやすい
  • 歴史の流れがイメージできる
  • 基本を抑えながら専門性が高い

そこで、いつ誰が見ても、わかりやすく読みやすい。

そんな参考書をチョイスしてみました。

『経済・戦争・宗教から見る教養の世界史』

世界史を学び直すのにおすすめなのが、『経済・戦争・宗教から見る教養の世界史』です。

豊富な図説により、歴史の流れがわかりやすく解説されています。

また重要な出来事が起きた場所を、世界地図で示しているのも、いいポイントです。

いつ、どこで、何が起きたか。

それがイメージしやすい構成になっています。



やはり歴史は流れをイメージできると、理解度がグッと深まります。

『経済・戦争・宗教から見る教養の世界史』

『ゆげ塾の構造がわかる世界史』

マンガで簡単に読み進められるのが『ゆげ塾の構造がわかる世界史』です。

学習にマンガを利用するのは、とてもいい方法だと思います。

またこの本であれば、マンガでいながら中身は濃く、専門性のある参考書になっています。

面白く楽しみながら、世界史の勉強ができる訳ですね。



世界史が苦手という人でも、これなら苦にならず学習することができると思います。

『ゆげ塾の構造がわかる世界史』

『知識ゼロからの学び直し世界史』

世界史をしっかりと理解できるのが『知識ゼロからの学び直し世界史』です。

親しみやすい図やイラストを多用していて、歴史の流れがイメージしやすい構成になっています。

文字ばかりの教科書的な参考書とは異なり、頭にスッと入ってきやすい本です。

歴史の学び直しにピッタリで、おすすめです。

『知識ゼロからの学び直し世界史』

歴史は流れをイメージできると、グッと理解が深まる。

西洋文化への興味・関心を高める!

あらゆる物事に共通ですが、「興味・関心を持つこと」は非常に重要です。

それが何より最初の一歩だと言ってもいいです。

  • 興味関心、好奇心をそそる
  • わかりやすく読みやすい
  • 専門性が高く、内容が充実している

興味・関心があるか無いかで、学習意欲はまったく異なるからです。

ということで、西洋文化への興味・関心を高められる本を紹介したいと思います。

「地球の歩き方シリーズ」

「地球の歩き方シリーズ」は、外国文化への興味・関心を高めるのに役立つと思います。

また現地ガイドだけでなく、様々な趣向を凝らした特集もあるんです。

『地球の歩き方 世界のグルメ図鑑』

グルメや料理は、いつも人気のあるジャンルだと思います。

そして異文化を理解する際にも、「食」というのは非常に重要なポイントです。

この本では、世界中を食べ歩いた「地球の歩き方」編集部が、各国の「名物料理」を紹介しています。

本場の味を知り尽くしたナビゲーターによる、とっておきグルメ情報です。

そして料理の特徴から食の歴史、文化、風土、習慣まで、様々な雑学とともに解説されています。



グルメや料理は、見ているだけで楽しくなりますね。

『地球の歩き方 世界のグルメ図鑑』

『地球の歩き方 ジョジョの奇妙な冒険』

なんと大人気漫画『ジョジョの奇妙な冒険』と、「地球の歩き方」がコラボしているんです。

個人的にジョジョ好きなので、これは紹介せずにはいられません。

第1部から第8部までの舞台を徹底解説してあり、内容もしっかりとしています。

作中に登場する実在の名所、各地の郷土料理、歴史や文化、アートコラムなどが紹介されています。

また荒木飛呂彦先生の、取材旅行時におけるエピソードや、ロングインタビューも掲載されています。



グレートでスよこいつはぁ〰︎〰︎っ。

『地球の歩き方 ジョジョの奇妙な冒険』

『名画のドレス』

ファッションが好きな人におすすめなのが、『名画のドレス』です。

絵画作品から読み解く、18~19世紀の近代における服飾史です。

豊富なカラー写真や図版によって、わかりやすく解説してあります。

花飾りや真珠、扇などのアクセサリーに至るまで、詳しく丁寧に紹介されています。

ファッションという側面から見る、西洋の文化や歴史です。



絵画というのは、当時を知るための史料でもあるわけですね。

『名画のドレス』

『あたらしい洋食器の教科書』

おしゃれなインテリアなどが好きな人におすすめなのが、『あたらしい洋食器の教科書』です。

マイセンやウェッジウッドなど優美な洋食器は、小さな美術品ともいえるものです。

そうした美しい器には、実は様々な美術様式や歴史が隠れています。

この本では、そんな洋食器の世界について、詳しく紹介しています。

基礎知識から背景にある歴史、関わりのある人物まで、わかりやすく解説されています。



美術史でいうとロココという時代に、磁気の製造が発展しました。

『あたらしい洋食器の教科書』

『中世ヨーロッパの武術』

変わり種の面白い参考書が『中世ヨーロッパの武術』です。

武器に関する本はたくさんありますが、その実践的な使い方が書かれたものは、ほとんどありませんでした。

この本では、中世ヨーロッパにおける戦闘技術が、詳しく解説されています。

ロングソード、ダガー、レイピア、レスリングなど、様々な戦闘技術が紹介されています。

その内容は非常に高度で、論理的、実践的なものです。

西洋の武術に関して、今まで知られていなかった側面が、わかる様になる本です。



スポーツや格闘技が好きな人に、ピッタリの参考書ですね。

『中世ヨーロッパの武術』

『クラシック作曲家列伝』

音楽好きにおすすめなのが『クラシック作曲家列伝』です。

気軽に読める、クラシック音楽の教養書です。

敷居が高い印象のクラシックを、親しみやすいイラストやマンガで解説してあります。

そして、教科書には載っていない、天才たちの様々な側面を知ることができます。

また音楽史というのは、美術史ともリンクしています。

バロック、ロマン、印象派など、時代ごとの芸術様式の潮流があるからです。



クラシックは、まさに西洋といった感じの芸術文化ですね。

『クラシック作曲家列伝』

興味関心が高まれば、学習意欲や理解はグンと上がる。

まとめ

西洋美術史を学ぶのに役立つ参考書を、まとめて紹介しました。

基本を抑えながら、わかりやすく読みやすい、そうした本がおすすめです。

また西洋の歴史を学び直すのも、とても有効です。

さらに様々な面から、西洋文化に対する興味・関心を高めるのも、いい方法だと思います。

ここで取り上げた参考書は、どれも役立つものばかりです。

気になるものがあれば、ぜひ気軽に試してみてください。

それでは、ご覧いただきありがとうございました。