デジタルアート

そもそもインターネットとは何か?その基本からわかりやすく解説!

もはや現代社会において、欠かすことのできないインターネット。

誰もが日常的に利用する、重要なインフラとなりました。

ところで、そもそもインターネットとは何でしょうか?

そこでここでは、知っているようで知らないインターネットの基本を、わかりやすく解説してみました。

その基本や仕組み、成り立ちの歴史、現状の課題まで詳しく見ていきますよ。

\高品質!安心の伊藤忠グループ/

中古iPhone販売サイト にこスマ

インターネットの基本

インターネットとは、世界中のコンピュータ同士を繋ぐネットワークのことです。

ネットやウェブという言い方の方が、よく使いますね。

地球規模の情報通信網であり、ITの基盤となるテクノロジーです。

SNSを見ても分かるように、世界中の様々な情報が、いつでも瞬時に手に入ります。

「世界中のコンピュータ同士の相互接続」とも言えますね。

今や重要なインフラとして、機能を果たしている訳です。

インターネットの仕組み

2台のコンピュータを繋げば、それもネットワークです。

インターネットとは、そうしたコンピュータネットワークの集合体です。

今や世界中のコンピュータが、そこに繋がっています。

まるで、超巨大な生命体の様なものです。

通信プロトコル

そして、ネットワーク間で通信する仕組みが、インターネットの仕組みそのものです。

それが、通信プロトコルと呼ばれるものです。

これは、通信に関する規約のことです。通信のための決まり事、ルールのようなものです。

同じ通信プロトコルを使うことで、コンピュータ同士で通信のやり取りが出来るのです。

人間の言語と似たようなものです。

同じ言語を話せば、会話が出来るのと同じです。

様々な通信の仕組み

現状ではTCP/IPという通信プロトコルが標準です。

インターネット・プロトコル・スイートという言い方もします。

あらゆるコンピュータが、この通信プロトコルを用いています。

IPアドレス、HTML、HTTP、WWWなどなど、インターネットには様々な細かい仕組みがあります。

これらはすべて、この通信プロトコルに則っています。

ネットのシステムは、人間社会と少し似ているかもしれません。

体系的なルールがあることによって、高度なシステムを作り上げているのです。

社会インフラとしての役割

現在では、インターネットは重要な社会インフラのひとつになっています。

ほぼ全ての企業が、ネットを活用してサービスを売ったり宣伝したりしています。

また行政サービスも、ネットで利用できるものが増えています。

家庭においても、その重要度は大きいです。

電気、ガス、水道に次いで、通信費は主要な光熱費となりました。

またFacebook、Twitter、instagram、Youtubeなどなど。

こうしたソーシャルメディアは、人々の生活様式に多大な影響を与えました。

インターネットの歴史

インターネットは、人類の歴史上、最も急速に発展・普及したテクノロジーといえます。

90年代に、インターネットはPCと共に、一般に急速に普及し始めます。

2000年代には、瞬く間に世界中に広がり、社会インフラとなっていきました。

ご存知、WiFiの無線技術も普及し始めます。

2010年代にはスマートフォン爆発的に普及しました。

インターネットはより一層、人々の暮らしに欠かせないものとなります。

2020年のコロナウイルスの世界的流行によって、インターネットはさらにその存在意義を高めました。

人類史から見たら、瞬きほどの一瞬の出来事です。

そんな短い間のことが、今までにないほどの大きな変化をもたらしているのです。

ヴァーチャルな進化

ただこれらの変化は、物質的なものというより仮想的でバーチャルであるという点が特徴です。

ルネサンスや産業革命とは、また別種の進化ですね。

インターネットの普及した前と後で、見た目上の変化はそれほど無いと思います。

変化したのは、人が収集・発信できる情報の量と質です。

\高品質!安心の伊藤忠グループ/

中古iPhone販売サイト にこスマ

インターネットの課題

インターネットがもたらした恩恵は、計り知れません。

様々な情報を共有することで、今までにない発展や進化を生み出しています。

人々の暮らしの利便性の向上に、とても役立っていると言えます。

しかし一方で、課題も数多くあります。

グローバリズムの加速

世界中を繋いだ情報通信網であるインターネット。

ネットはその性質上、グローバリズムの拡大にも大きく影響したと思われます。

グローバリズムは、アメリカ型の新自由主義の拡大と言えます。要は多国籍企業による富の搾取の拡大です。

Google、Amazon 、Apple、Facebook、などの多国籍IT企業は、まるで怪物のように超巨大化しています。

また、グローバリズムと共に、格差と貧困も急速に拡大していきました。環境破壊もそうです。

図らずも2020年のコロナウイルスの流行によって、グローバリズムに歯止めがかかる形になりました。

これまでの新自由主義に対して、転換を図る動きが世界中で活発化したのです。

インターネットとグローバリズム。

その関連性が今後どうなっていくか、それは誰にも予測出来ないでしょう。

国家規模での激しい情報戦争

インターネットは、誰もが世界中の情報に、アクセスすることを可能にしました。

情報量は爆発的な増加を続けています。同時に、情報の監視、奪い合い、印象操作といった事態が激化しました。

不正アクセスやサイバー攻撃といった、ネットを利用した犯罪やテロも頻発しています。

そして、この情報戦争は国家規模です。

アメリカ政府

アメリカのNSA(国家安全保障局)は、世界中の電話・ネット回線を傍受していると、2013年に内部告発されました。

「PRISM(プリズム)」と名付けられた極秘システムで、世界中の情報を不当に監視・傍受していました。

現在ではアメリカ政府筋も、その存在を認めています。

ロシア政府

2016年アメリカ大統領選挙においては、ロシア政府機関によるハッキングなどの介入があったとされます。

トランプを勝利させるため、サイバー攻撃やSNSを利用したプロパガンダが展開されました。

テロ組織

2010年代に隆盛したイスラム過激派組織IS(イスラム国)は、インターネット上でのプロパガンダ活動を、盛んに行っていました。

YouTubeやTwitterで動画を数多く投稿し、参加者を多く集めることに成功していました。

中国政府

また中国政府は、ファーウェイという同国の大手通信企業を使って、世界中の情報を諜報、傍受しているとされます。

2018年頃からは安全保障上の脅威として、先進国を中心に、世界中でファーウェイ製品の排除の動きが広まりました。

インターネット上における情報戦は、あらゆる国の専門機関や企業が、エグいほど熾烈に行っています。まるで映画やドラマですね。

SNSの普及とその弊害

SNSとはソーシャル・ネットワーキング・サービスのことです。

ネット上で、社会的なネットワークが構築できるサービスです。

Facebook、Twitter、instagramなどが代表です。簡単に誰とでも繋がることができます。

解説は不要と言えるくらい、みんな当たり前に知っていますよね。

しかし、とても便利であると同時に、様々な弊害を生んでいます。

人の心への影響

人々の心の健康に対する影響が、最も懸念されます。

特に利用率の高い若者ほど、その影響は顕著だと思われます。

アメリカのペンシルベニア大学で、SNSと幸福度に関する研究が行われました。

研究では、SNSの利用頻度が高いほど、自己評価の低下や孤独感の増大が起きやすいことが指摘されています。

逆にSNSの利用を控えるほど、うつ症状や孤独感が軽減される傾向にあることが確認されたといいます。

SNSはストレスが高まりやすい

またSNS上では、人は攻撃的になりやすく、そのため対立が生まれやすい、といったデータもあるそうです。

SNSは情報の共有、宣伝、広告などには極めて有効です。

しかし、不安や恐怖や苛立ちといった精神的ストレスを生みやすい、というデメリットがあると言えます。

SNSが人の健康にもたらす影響に関しては、もっと研究をして欲しいです。

そして、科学的な見解や知見に基づき、その在り方や利用の仕方を考えていくべきでしょう。

SNSが悪だとは思いません。ただストレスを生みやすい側面があるのは事実です。インターネット利用における大きな課題ですね。

中古iPhone販売サイト にこスマ

まとめ

インターネットは人々の生活に役立つ、便利なテクノロジーです。

僕は基本的に、テクノロジーを脅威だとは思いません。

重要なのは、それを使って何を生み出すかです。

インターネットはあくまで道具にすぎません。

どこまでいっても中心にいるのは、それを扱う人なのです。

\高品質!安心の伊藤忠グループ/

中古iPhone販売サイト にこスマ