描き方

マチエールとは何か?分かりやすくサクッと解説します!

マチエール【matière】

 材料。素材。材質。

 美術で、絵画の絵肌、彫刻の質感など、作品における材質的効果。また、表現されたもの固有の材質感。

デジタル大辞泉

マチエール(matière)とは、主に油彩画における美術用語で、絵の表面にできる凹凸や質感などの絵肌のことです。

つまり、現代風に言うと画面のテクスチャですね。ちなみにフランス語です。

そしてマチエールは、別に油絵だけのものではありません。どんな画材でも見られるものです。

おすすめ入門書!『油絵Style & Process』

鉛筆でも水彩でもアクリルでも、必ず画面には質感が出来ます。

それらはすべてマチエールだと言えます。

現実世界において、確かな物質的質量を持っているものです。

デジタルでは表現不可能な、アナログ芸術の大きな魅力のひとつとも言えますね。

\意外と簡単!描いてみませんか?/