デジタルアート

新しい読書の形!オーディオブックとは何かわかりやすく解説!

近年オーディオブックに注目が集まっています。

その便利で画期的なサービスが多くの支持を得ているのです。

聴く読書であるオーディオブックの人気が高まっている。

月額制の聴き放題が始まってから、さらに利用者は拡大しています。

そして今後もオーディオブック市場は大きな成長が予測されています。

サービスがより豊富に充実していくことは間違いありません。

しかしながら、そもそもオーディオブックとは何でしょうか?

オーディオブックをわかりやすく解説!

そこでここでは、オーディオブックをその基本から解説したいと思います。

その特徴からデメリットまでわかりやすく紹介します。

電子書籍と共に、テクノロジーが生んだ新しい読書の形と言えるでしょう。

そんなオーディオブックを詳しく知ってみましょう。



とても実用性があり便利なサービスですよ。

Amazonの「聴く」読書Audible 2か月無料体験+100ポイントキャンペーン

オーディオブックとは何か?

オーディオブックとは、書籍の内容をそのまま録音した音声コンテンツのことです。

本の朗読を録音したもので、「聴く本」とも呼ばれています。

オーディオブックとは本の朗読を提供するサービスである。

アメリカを中心に日本やヨーロッパなどでも利用が広まっています。

かつてはカセットテープやCDなどが主流でした。

2000年代頃からは、インターネット配信によるサービスが開始されていきます。

オーディオブック拡大の要因
  • インターネットの普及
  • スマートフォンの普及
  • サブスクリプション型サービスの発展

そして2020年代に入り、その市場は急速に拡大しています。

これはスマートフォンが広く普及したこと、

また月額制で聴き放題のサービスが始まったことなどが主な要因だと思われます。



様々なテクノロジーの発展があり、提供が可能になったサービスだと言えますね。

オーディオブックの特徴

それではオーディオブックの主な特徴を見てみましょう。

とても便利で実用性のあるサービスです。

オーディオブックの主な特徴
  • 時間を有効活用できる
  • 活字が苦手でも読書ができる
  • スマホとの相性が抜群
  • プロの声優や俳優の起用
  • 目が疲れない
  • 忙しい日常の中でも読書ができる

時間を有効活用できる!

オーディオブックの魅力はその手軽さにあります。

いつでも好きなときに、好きな場所で読書を始められます。

そして通勤通学などの移動時間や、順番待ちの時間などを有効活用することができます。

時間の有効活用がオーディオブックの魅力である。

活字が苦手でも読書ができる!

オーディオブックは聴く読書です。

そのため目で文字を追う必要がありません。

「マンガは好きだけど本は苦手」という人でも楽しめますよ。

本を読むのが苦手でもオーケー。

スマホとの相性が抜群!

オーディオブックは、スマホとの相性が抜群にいいサービスです。

何気にこれが非常に重要なポイントだと思います。

好きなときに好きな場所で。

このオーディオブックの特性を生むのは、スマホの機能性と合わさってこそなのです。

まさに現代のテクノロジーの融合と言えるでしょう。

スマホの機能性と合わさり真価が発揮された。

プロの声優や俳優の起用!

オーディオブックでは、第一線で活躍する人気の声優や俳優が起用されています。

プロによるクオリティの高いナレーションを楽しめるのです。

やはり声優さんや俳優さんは読み方がとても上手です。

そのため小説などは物語に入り込みやすいですよ。

プロの声優や俳優によるクオリティの高いナレーション。

目が疲れない!

オーディオブックを利用するときに、目を使う必要はありません。

基本的に何もする必要がなく、ただ聴くだけでオーケーです。

そのため普通の読書と比べて目が疲れません。

逆に目を休めながら、リラックスして聴いてもいいのです。

聴くだけなので目を使う必要がない。

忙しい日常の中でも読書ができる!

オーディオブックの素晴らしい点は、忙しい日常の中でも読書ができる点です。

移動時間や休憩時間、家事の合間など日々のタスクをこなしながら利用できます。

「忙しくて読書する時間がない!」という人にこそピッタリのサービスです。

仕事をしながら、子育てをしながら、

日常の忙しさの中でも読書をすることができる。

それがオーディオブックの大きな魅力です。

日々のタスクをこなしながら読書ができる。

オーディオブックのデメリット

では次に、オーディオブックのデメリットも見てみましょう。

音声コンテンツであるが故の特徴とも言えます。

テキストがない

オーディオブックには原文テキストがありません。

基本的に音声データになります。

原文を読みたい場合には、別途用意する必要があります。

写真や図説など資料が見えない

オーディオブックは基本的に音声データです。

そのため写真や図説など資料の多い書籍には向きません。

雑誌や資料集などはKindleなど電子書籍を利用するといいでしょう。

作品の価格が高い

聴き放題の対象外の書籍は購入する必要があります。

そしてオーディオブックは基本的に価格は高めです。

制作の手間を考えると致し方ない点かもしれません。

ラインナップの量

オーディオブックは、普通の読む書籍と比べればラインナップは少ないです。

しかしながら、オーディオブックというジャンル自体が急成長しています。

今後さらにラインナップは増えていくでしょう。

\低価格で高品質!/

オーディオブックの代表的なサービス

それではオーディオブックを提供する代表的なサービスを紹介します。

Audible(オーディブル)とaudiobook(オーディオブック)が二大サービスとなっています。

どちらも聴き放題でラインナップが豊富です。

オーディオブックを始める際は、基本的にこの2つから選ぶのが良いでしょう。

Audible

オーディオブックを象徴する存在がAudibleです。

アメリカで始まった世界最大手のオーディオブックサービスになります。

現在はAmazonの一員となりサービスを提供しています。

また30日間の無料体験ができます。

全体的なクオリティが高く、安心して利用することができます。

「聴く読書」Audible 30日間無料体験

audiobook

日本最大手のサービスがaudiobookです。

名前がそのまんまですね。

日本におけるオーディオブックサービスのパイオニアです。

また聴き放題プランは14日間の無料体験ができます。

長年に渡る実績と信頼のあるサービスです。

オーディオブック配信サービス – audiobook.jp

まとめ

オーディオブックとは何かを、基本からわかりやすく解説しました。

それは「聴く本」とも呼ばれる、本の朗読を録音したサービスです。

その実用性と利便性から、その人気が急上昇しています。

またプロの声優や俳優を起用した、クオリティの高いナレーションも人気の秘訣です。

そして何より「忙しい日常の中でも読書ができる」という点が大きな魅力です。

まさに新しい読書の形と言えるでしょう。

それでは気軽にオーディオブックを楽しんでみてください。