描き方

絵具のブラックは使わない!黒を塗る際は補色を混色してつくろう!

基本的にを塗るときに、絵の具のブラックは使わない方がいいです。

絵の具のブラックは深みがない黒です。

ブラックで塗ると、のっぺりとして平坦な、印刷の様な色味になってしまいます。

なので黒色を塗るときは、混色でつくりましょう。

具体的には、濃い補色同士を混ぜ合わせてつくります。

Creemaにて作品の販売もしています

\意外と簡単!描いてみませんか?/

ブラックは使わない!

ブラックという絵の具は使わない方がいいでしょう。

ブラックをそのまま黒としてつかうと、深みのない黒色になります。

のっぺりとした新聞印刷のような黒になってしまいます。

黒色を塗る際は、自分で絵の具を混ぜ合わせてつくりましょう。

黒を自分でつくれば、色に深みのある作品を描けます。



入門書としては『油絵Style & Process』がおすすめです。

『油絵Style & Process』

油絵における黒のつくり方

濃く鮮やかな色合いの補色同士を混ぜ合わせることで黒色をつくることができます

おすすめはグリーンクリムゾンです。

僕の場合はウィンザーグリーンとアリザリンクリムゾンで、大体いつも黒をつくっています。

決まりはないので好きなものを使いましょう。

油絵以外の画材でも同様です。そのままのブラックは使わず、混色でつくるといいです。

ウィンザーグリーン。
とても鮮やかで濃い深緑です。

アリザリンクリムゾン。
鮮やかで濃い赤色です。クリムゾン系はたくさん種類があります。

グリーンとクリムゾンをよく混ぜ合わせます。
※ウィンザーグリーンはとても濃いので、少な目がいいです。

深い色合いの黒が出来ました。

これで、自分で黒を作ることが出来ました。

お疲れ様でした。

\意外と簡単!描いてみませんか?/

まとめ

黒色を塗るときはブラックの絵の具は使わない。

補色同士を混ぜ合わせて、自分でつくる。

これを黒色を塗る際の基本として、おぼえておきましょう。