北欧神話

王道ファンタジー!北欧神話に登場する武器や神器!

北欧神話に登場する、様々な武器や神器。

それらはまさに、ファンタジーの王道と言えるものたちです。

映画やゲーム、漫画やアニメなど、現代の大衆文化の中にも深く息づいていますね。

ここでは、そんな北欧神話に登場する武器や神器の数々、一覧で一挙にまとめました。

北欧神話に登場する、武器や神器を一挙に紹介!

僕はアーティストでブロガーでKindle作家をしている、日下晃と申します。

もともと大学では西洋史専攻でした。そのため西洋の歴史や文化を、わかりやすく紹介するのが得意です。

またギリシア神話や北欧神話も専門で、このブログでも人気コンテンツとなっています。

中身のクオリティにおいても、どこにも負けていないと自負しています。

北欧神話の魅力溢れる世界!

そんな訳で、北欧神話を多くの人に楽しんでもらいたいと考えています。

またファンタジー好きなら、まず間違いなく楽しめる内容だと思います。

それでは、はるか遠い昔に北欧の地で培われた、独特の世界観を感じてみてください。

北欧神話に関してならどこにも負けません。

『北欧神話の幻獣たち』

最強の神々!オリュンポス十二神をわかりやすく解説!

恐ろしくも魅力的!ギリシア神話に登場する怪物たち!

12星座の由来にまつわるギリシア神話の物語!

北欧神話とは何か?

北欧神話とは、スカンディナビア半島、アイスランド、デンマーク、ドイツなどに広がっていた、北方ゲルマン人たちに伝わる神話体系です。

北欧神話の特徴
  • 北方のゲルマン民族の神話である
  • 独特の世界観・宇宙観を持つ
  • 荒々しくも勇猛な神々と終末思想

世界の創造から滅亡までを物語る、神々と英雄の伝説です。

中世以降、ヨーロッパ諸国は次々とキリスト教化されていきました。

これに対して、アイスランドやスカンディナビア半島のゲルマン人たちは、10世紀頃までキリスト教化されず、古くからの信仰を残していました。

そして北欧神話は様々な歌や詩、散文の形で後世に残されました。

『図解 北欧神話 F‐Files 』

北欧神話に登場する武器や神器!

それでは北欧神話に登場する武器を見ていきましょう。

独特の世界観による、ファンタジー感に溢れています。

勇ましさ、猛々しさといった、戦士階級による信仰をうかがわせます。

それらは、北方ゲルマン民族の文化を、強く反映したものでした。

グングニル

主神オーディンの持つ、魔法の槍がグングニルです。

「揺れ動くもの」を意味します。

穂先にルーン文字が彫られた槍で、狙った的を決して外しません。

槍を投げて敵を打ち倒した後は、ひとりでに持ち主のもとに戻るとされます。

この槍はロキが鍛冶屋のドワーフにつくらせて、オーディンに献上したと言われています。

非常にバランスが良く、使用者のスキルや強さに関係なく、あらゆる標的を攻撃できるとされます。

戦争において必ず勝利をもたらすとされる、オーディンを象徴する神器です。

ミョルニル

北欧神話最強、雷神トールの持つハンマーがミョルニルです。

「粉砕するもの」を意味します。

決して壊れることはなく、投げれば狙った的に必ず命中します。

その威力は絶大で、ほとんどの敵を一撃のもとに葬り去りました。

また、大きさを自在に変えることができます。

「トールハンマー」「ムジョルニア」といった呼び名もあります。

ヤールングレイプル

雷神トールが持つ鉄製の手袋が、ヤールングレイプルです。

強大な力を秘めたミョルニルを握り損じないために、この手袋をはめるとされます。

またミョルニルはしばしば真っ赤に焼けていて、それを握るためとも言われます。

ヴァイキング

9〜12世紀頃にヨーロッパ各地に侵入した、北方ゲルマン人の総称がヴァイキングである。優れた航海術を持ち、各地で略奪を行う一方で、商業活動も盛んに行なっていた。

『ヴァイキングの歴史 創元世界史ライブラリー』

メギンギョルズ

雷神トールの持つ、魔法の力帯がメギンギョルズです。

トールはアースメギンという神力をもち、これにより天下無双の強さを誇ります。

メギンギョルズを身につけると、このアースメギンが2倍になるとされます。

スルトの炎の剣

炎の巨人スルトは、燃え盛る剣を手にしています。

ムスペルヘイムという、炎の世界の入り口を守っている巨人です。

最終戦争ラグナロクでは、アースガルズに攻め入り、豊穣神フレイを倒しました。

そしてその炎により、全世界を焼き尽くします。

フレイの魔法の剣

豊穣神フレイが持つのが、魔法の剣です。

刀身にルーン文字が刻まれています。

名称は特にありません。勝利の剣とも呼ばれます。

賢き者、正しき者が持てば力を発揮し、巨人すらひとりでに倒すとされます。

切り裂けない物はなく、刃の輝きは太陽にも劣らないと言われました。

ルーン文字

北方ゲルマンが使用していた、独自の文字体系がルーン文字である。北欧神話においては、オーディンが見出した呪力を持つ特別な文字とされる。愛のルーン、勝利のルーン、知恵のルーンなどがある。この文字を刻むことで、様々な効果を発揮するとされた。

『ルーン文字:古代ヨーロッパの魔術文字』

レーヴァテイン

北欧神話に登場する、伝説の剣がレーヴァテインです。

冥界で鍛えられた剣とされます。

炎の巨人スルトの妻であるシンモラが、レーギャルンという大箱に入れ、9つの鍵をかけて管理しています。

世界樹ユグドラシルの頂にいる雄鷄、ヴィゾフニルを殺すことのできる唯一の武器とされます。

ファンタジーと北欧神話

現代ファンタジーの基本は、J・R・R・トールキンによる小説『指輪物語』により形づくられたとされる。エルフやドワーフ、オークなどの定番キャラも、この作品によるイメージが強く普及している。そしてこの作品は、北欧神話に大きく影響されたものである。

『新版 指輪物語〈1〉/旅の仲間』

グラム

北欧神話に登場する、伝説の剣がグラムです。

竜殺しの英雄、シグルズの持つ武器でした。

刀身にはルーン文字が刻まれています。

抜群の切れ味を持ち、石や鉄もたやすく切り裂いたといわれます。

人間相手ならば、鎧ごと真っ二つに両断できるほどの威力があります。

ダーインスレイヴ

魔剣の代表格ともされるのが、ダーインスレイヴです。

一度鞘から抜いてしまうと、生き血を浴びて完全に吸うまで、鞘に納まらないといわれます。

攻撃を外すことはなく、また傷を負わせれば治ることはありません。

鞘を離れるたび人を殺めたという、恐ろしい呪いの力を持ちました。

ティルフィング

北欧神話に登場する、諸刃の剣がティルフィングです。

持ち主の願いを3度叶えたあとに、破滅をもたらします。

王が気まぐれによって、ドワーフたちにつくらせた魔剣でした。

黄金の柄で、決して錆びることなく、鉄をも容易く切り裂きます。

一度鞘から抜かれると、1人の人間を殺すまで収まることはありません。

持ち主を次々と変えていきながら、様々な破滅をもたらしました。

『オーディンの箴言』

エギルの兜 

ドワーフのファフニールが持っていたのが、エギルの兜です。

人々に恐怖を与える魔力があり、「恐怖の兜」とも呼ばれます。

ファフニールはこの兜の魔力により、竜に変身したとも言われます。

魔法の羽衣

北欧神話には、様々な魔法の羽衣が登場します。

身につけることで鳥に変身して、空を飛べる様になります。

オーディン、その妻である女神フリッグ、豊穣の女神フレイヤなどは、鷹に変身できる羽衣を持ちます。

ワルキューレたちは白鳥に変身できる羽衣を持ち、戦場を駆け巡りました。

ニーベルングの指環

リヒャルト•ワーグナーによる楽劇が『ニーベルングの指環』である。北欧神話はじめゲルマンの伝説を主なモチーフとした。ワーグナーが35歳から61歳にかけて、膨大な時間を費やし制作した。4部構成で上演に数日かける、オペラ史上最大の作品である。

ドラウプニル

オーディンの持つ黄金の腕輪が、ドラウプニルです。

「滴るもの」を意味します。

9夜ごとに、同じ重さの腕輪を8個滴り出すとされます。

ドワーフたちによってつくられました。

アンドヴァラナウト

呪いのかけられた黄金の指輪が、アンドヴァラナウトです。

ドワーフのアンドヴァリの持ち物で、黄金を増やす能力があります。

ロキに奪われる直前に、アンドヴァリによって呪いがかけられました。

これにより、様々な災いをもたらすこととなりました。

『北欧神話の教科書』

ブリージンガメン

女神フレイヤの持つ黄金の首飾りが、ブリージンガメンです。

ドワーフたちによってつくられました。

この首飾りを巡り、神々や人間たちが争いました。

グレイプニル

巨浪フェンリルを捕縛した、魔法の縄がグレイプニルです。

ドワーフたちによってつくられました。

神々も恐れるフェンリルすら、断ち切ることのできない強靭なものでした。

軍神テュールが拘束を成功させますが、その際に右手を食いちぎられます。

ラグナロクが訪れるまで、フェンリルはこのグレイプニルによって拘束されていました。

スキーズブラズニル

北欧神話に登場する魔法の船が、スキーズブラズニルです。

豊穣神フレイ、または主神オーディンの持ちものとされます。

「船の中で最も優れたもの」とされ、帆を上げれば常に風を受け、望む場所に到着できました。

また、ポケットに入るほど小さく折りたたむことができます。

神話と心理学との関係

神話は心理学とも密接な関係がある。心理学の権威ユングは、人には「集合的無意識」があることに注目した。誰であれ無意識の深層には、神話的な共通のパターンがあるというものである。ユングはこれを元型(アーキタイプ)と呼んだ。

ナグルファル

冥府の支配者ヘルが、死者の爪でつくった巨大な船がナグルファルです。

ムスペルヘイムという炎の世界の住人たちが、所有するとされます。

ラグナロクの際には、巨人たちや死者の軍団を乗せて、アースガルズに攻め入ります。

フリングホルニ

光の神バルドルが所有する船が、フリングホルニです。

あらあゆ船の中で、最も大きいとされます。

バルドルの葬儀の際にも用いられました。

『シリーズ魅力溢れる北欧神話の世界』

まとめ

北欧神話に登場する、様々な武器や神器を紹介しました。

まさにファンタジー全開、と言った感じです。

様々な神々や種族、それらが織りなすストーリーがあります。

そのため現代においても、人々を魅了してやみません。

いつの時代も変わらない、普遍的な価値を持っているからでしょう。

北方ゲルマン民族の神話が、現代においても深く息づいている。

そう考えると、とてもロマンを感じさせますね。

北欧神話の原典『エッダ』とは何か?詳しく解説します!

君は北欧神話の原典を読んだことがあるか?『オーディンの箴言』

ジョーゼフ・キャンベルの『神話の力』を要約!

そもそも中世ヨーロッパとは何か?その本質からよくわかる解説!