西洋美術史

アール・ヌーヴォーとは生命感にあふれた優雅な芸術運動である!

アール・ヌーヴォーとは何でしょうか?

それは、19世紀末のヨーロッパから起こった、繁栄の時代を象徴する、華やかで優雅な芸術運動でした。

生命感に満ちたデザインが特徴的で、パリをはじめ様々な都市の景観の中にも見ることができます。

ここでは、そんなアール・ヌーヴォーをわかりやすく解説してみました。

歴史的な時代背景から、代表的な芸術家とその作品、また様々な文化的側面から紐解いています。

僕は大学で西洋史を専攻していました。西洋の歴史や文化なら任せてください。

Creemaにて作品の販売もしています

\アートをより楽しめる/

アール・ヌーヴォーとは何か?

19世紀末から20世紀初頭にかけて、西洋ではアール・ヌーヴォーという芸術運動が起こりました。

またアール・ヌーヴォーとは「新しい芸術」を意味します。

花や植物などのモチーフ、自由な曲線の組み合わせ、鉄やガラスといった新素材の利用などが特徴です。

その影響は建築、工芸、グラフィックデザインなど多岐の分野に渡りました。

『名画のすごさが見える西洋絵画の鑑賞事典』は、美術史の入門書としておすすめです。

『名画のすごさが見える西洋絵画の鑑賞事典』

工業化による非創造性への反発

イギリスから始まった産業革命による工業化は、飛躍的な生産力の向上をもたらします。

しかしそれは一方で、効率化や画一化の推進でもありました。

長時間労働や低賃金といった問題を生み出し、その単調な無機質さは、人間性や創造性とは真逆のものでした。

ウィリアム・モリス

この工業化による創造性の枯渇を危惧したのが、イギリスのデザイナーであるウィリアム・モリスでした。

モリスは、自然界のモチーフの研究、洗練されたフォルムへの回帰を追求し、アール・ヌーヴォーの運動の先駆けとなります。

工業化によって激しく変化する時代の中で、人間らしい生命感を取り戻そうとした運動だと言えます。

モリスの運動を先駆けとして、アール・ヌーヴォーは西洋諸国に広まっていきました。

モリスが中心に起こした運動を、アーツ・アンド・クラフツ運動と言います。

【レスポートサック】ウィリアム・モリス「ピンパーネル」デザイン ポーチ

ロココの復興

アール・ヌーヴォーのスタイルは、ロココ様式の復興でもありました。

ロココとは、18世紀に貴族のサロン文化を中心に広まった芸術様式です。

曲線を多用した優雅なデザインが特徴で、アール・ヌーヴォーの原型とも言えます。

そのロココを基調としたデザインの復興が、フランスを中心として起こりました。

当時のフランスはパリを中心として、ベル・エポックと呼ばれる繁栄の時代にありました。

華やかな都市の文化が隆盛し、アール・ヌーヴォーはその流れと合わさり発展していったのです。

また、ロココは宮廷における貴族たちの文化でしたが、アール・ヌーヴォーは都市における市民たちの文化でした。

ヨーロッパの各都市には、アール・ヌーヴォー様式の建築物が、今でも多く残っています。パリやブリュッセルが代表的です。

ジャポニスムの影響

19世紀の万国博覧会への出品をきっかけに、ヨーロッパでは日本文化が流行していました。

それがジャポニスムです。

浮世絵や屏風などの日本の美術品は、当時の市民だけでなく、芸術家たちにも非常に大きなインパクトを与えます。

有機的でシンプルなフォルム、自然をモチーフとしたデザイン。そうした要素が取り込まれていきました。

その影響が最も大きかった芸術運動が、印象派やアール・ヌーヴォーだったのです。

ルイ・ヴィトンの特徴的なデザインであるモノグラムも、ジャポニスムの影響だと言われます。万博で目にした、日本の家紋に触発されたそうです。

【ルイ・ヴィトン】フォンダシオン ルイ・ヴィトン 美術館限定 トートバッグ

\アートをより楽しめる!/

アール・ヌーヴォーを代表する芸術家たち!

アール・ヌーヴォーは、その時代における様々な芸術文化に広まりました。

装飾を多用しながらもスッキリとしたデザインは、ロココの繊細さとジャポニスムが融合したものと言えるでしょう。

そうしたアール・ヌーヴォーの美術作品は、リトグラフによるポスターなどが代表的です。

アール・ヌーヴォーの代表的な芸術家には、ミュシャ、ロートレック、クリムトなどがいます。

アール・ヌーヴォーの芸術作品は、現代的なグラフィックデザインの起こりとも言えるかもしれません。

ミュシャ

アルフォンス・ミュシャ無くして、アール・ヌーヴォーは語れません。

その革新的で洗練されたスタイルによって、アール・ヌーヴォーを体現・象徴する存在です。

繊細優美かつ、大胆な画面構成が特徴的です。

自然や芸術など様々なモチーフを、優雅な女性の姿に擬人化させるなど、ユニークな手法を用いて表現を行いました。

ポスターなど、リトグラフによる作品が代表的です。

その卓越したデザインセンスと描写力によって、優れたアート作品を数多く生み出しました。

ミュシャの描く女性像は、非常に開放的で新鮮さを感じさせます。

活躍したのはフランスですが、チェコ出身の芸術家です。

ミュシャの作品は、まるで現代のアーティストが、コンピュータグラフィックスで描いたかのようです。

『スラブ叙事詩』

ミュシャは純粋な芸術としての絵画作品も制作しています。その代表が大作『スラブ叙事詩』です。故国チェコと、その民族であるスラブへの畏敬を表現したもので、全20作からなる巨大な絵画作品です。

\アートの歴史を巡ってみない?/

ロートレック

アンリ・ド・トゥールーズ・ロートレックは、アール・ヌーヴォーで活躍したフランスの芸術家です。

少年期の事故により伸びなくなった、低い身長がトレードマークです。また、伯爵家という大変な名家の出身でした。

ロートレックは、これまでにない斬新で芸術的なポスター作品を生み出しました。

細部を排除した極端なデフォルメ、大胆でシンプルな構図や色使い。

これまでの伝統や常識に一切縛られない、自由で新しい表現方法でした。

それらは、日本の文化や美術が大きく影響しています。

ロートレックは、浮世絵をはじめ日本の文化に関心が強く、そこから強くインスパイアを受けていました。

そしてその作品は、キャバレーの文化などを中心に、都市に生きる人々を写し出すものでした。

ロートレックは、いわゆるモードなデザイン、ファッションイラストの起こりと言えるでしょう。

ムーラン・ルージュ

ロートレックを語る上で欠かせないのが「ムーラン・ルージュ」という、パリのモンマルトルにあるキャバレーです。ロートレックは、ここに通い詰め、踊り子たちをモデルに数々の作品を描きました。今日でもパリの観光名所で、夜にはショーを楽しむことができます。

クリムト

グスタフ・クリムトは、アール・ヌーヴォーを代表するオーストリアの芸術家です。

象徴主義、ウィーン分離派といった所属でもあらわされます。

女性を主なモチーフに、装飾を多用した華やかで神秘的な作風が特徴です。

夢や神秘、生と死といったテーマをよく扱いました。

また、他のアール・ヌーヴォーの芸術家と同じく、クリムトも日本美術から強く影響を受けています。

その中でも、とりわけ琳派から最もインスパイアされたと言われています。

代表作の『接吻』をはじめ、金箔を多用したスタイルからも、それらが伺えます。

クリムトの作品は、まさに西洋美術と日本美術の融合と言えるでしょう。

サラ・ベルナール

アール・ヌーヴォーの芸術運動において、アイコン的な存在となったのが、フランスの舞台女優であるサラ・ベルナールです。ベル・エポックの時代を象徴する大女優で、「最初の国際スター」とも言われます。ミュシャの『ジスモンダ』をはじめ、多くの芸術家が彼女をモデルに作品をつくりました。

\アートをより楽しめる/

まとめ

アール・ヌーヴォーをわかりやすく解説しました。

それは19世紀末から20世紀初頭にかけての、華やかで優雅な芸術運動でした。

産業革命から始まった工業化による、人間的な創造性の枯渇への反発でもあります。

そして、ベル・エポックという繁栄の時代にあったフランスを中心として、ヨーロッパ各国に影響を広めました。

芸術家たちは自由で開放的な作品を次々と生み出します。

そのスタイルや精神性は、現代においても影響を与え続けています。