アート教室

キャンバスボードは便利!アクリルや油絵の創作に利用しよう!

キャンバスに絵を描きたいと思ったことはありませんか?

絵の具で描く際の支持体が、キャンバスですよね。主に油絵やアクリル絵の具で利用します。

キャンバスを使うと、アートな雰囲気も満点です。興味があれば是非一度は試してみて欲しいです。

そして、そんなキャンバスの種類のひとつに、キャンバスボードという便利な画材があるんです。

より手軽で便利なキャンバスだと言えます。

ここでは、その特徴と使いやすさを紹介したいと思います。

\意外と簡単!描いてみませんか?/

キャンバスボードとは何か?

キャンバスボードとは、布を木枠ではなく、丈夫な厚紙に貼り付けたキャンバスのことです。

主にアクリルや油絵の創作に用います。水彩で描いても面白い効果が出るそうです。

180×140から530×455(mm)くらいまでのサイズがあります。

こいつが、とても使いやすくて便利なんです。

僕は油絵をメインに創作していますが、キャンバスボードはお気に入りの画材です。

入門書としては『油絵Style & Process』がおすすめです。

『油絵Style & Process』

しっかり安定した画面で描きやすい

キャンバスボードは、画面が非常にしっかりしていて、描きやすいのが特徴です。

通常のキャンバスだと、木の枠に布を張っているので、どうしても画面に弾力性が出ます。

なので描いているときに、画面がある程度たわみます。

これがキャンバスボードだと、画面が全くたわみません。

非常にしっかりした安定感があるんです。

また、とても丈夫な厚紙を用いているので、強度や耐久力も申し分ありません。

コンパクトで収納にも便利

キャンバスボードのメリットは、そのコンパクトさにもあります。

キャンバスは頑丈で丈夫なのが特徴です。

しかし、通常のキャンバスはかさばるので、保管の場所を食うというデメリットがあります。

その点、キャンバスボードはとても優秀です。

通常のキャンバスに比べて、その厚みは半分以下、3分の1から4分の1程度なんです。

なので、キャンバスボードは保管もしやすいんですね。

\意外と簡単!描いてみませんか?/

まとめ

キャンバスボードは、とても便利な画材だと思います。

描きやすい上に、コンパクトで保管もしやすいです。

アクリル、油絵、水彩など様々な画材で利用出来て、汎用性も高いです。

興味があれば、是非試してみてください。