西洋美術史

シュールレアリスムとは無意識世界のイメージ化である!

シュールレアリスムとは何でしょうか?

それは20世紀の前半に起こった、人間の無意識を表現しようとする芸術様式です。

常識や固定観念、道徳や倫理などを排して、人の心が持つ神秘や謎を表現しようとしました。

そして芸術家たちは、奇妙で不思議な作品をつくり出しました。

ここでは、そんなシュールレアリスムをわかりやすく解説しています。

僕は大学で西洋史を専攻していました。西洋の文化や歴史なら任せてください。

Creemaにて作品の販売もしています

\アートをより楽しめる!/

シュールレアリスムとは何か?

20世紀に入ると、心理学の研究が盛んになりました。それは、人の心を探究する新しい学問でした。

そして、芸術活動もその影響を受け、人間の深層心理にある無意識を表現しようとし始めます。

それがシュールレアリスムです。

現実的な常識や道徳的な価値観を捨て、無意識下にある未知の世界のイメージ化を目指しました。

フロイトの精神分析に大きく影響を受けています。

具体的な始まりとして、1924年に文学者のブルトンが「シュールレアリスム宣言」を発表し、その運動が活発化していきました。

『名画のすごさが見える西洋絵画の鑑賞事典』は、美術史の入門書としておすすめです。

『名画のすごさが見える西洋絵画の鑑賞事典』

シュールレアリスムを代表する芸術家たち

シュールレアリスムでは、現実の価値観や道徳観、物理法則などを、意図的に無視または破壊します。

それは人間の理解の及ばない無意識の世界、また超自然的な世界をイメージ化したものです。

そうして、なんとも奇妙で不思議な世界がつくりあげられていきました。

代表的な芸術家には、マグリット、ダリ、キリコなどがいます。

マグリット

ルネ・マグリットは、シュールレアリスムを代表するベルギーの芸術家です。

どこか不思議でどこか不気味、固定観念を壊す、現実と夢が半々の様な世界観が特徴的です。

ポップで鮮やかなタッチで、だまし絵とも言える作品をつくりあげました。

哲学的な観念も取り入れており、言語とその認識の関係を扱った作品などもあります。

そのようにマグリットは、人の認識そのものに挑戦する様な作風を得意としていました。

その世界観は、ポップカルチャーやサブカルチャーにも、大きく影響を与えています。

マグリットの作品は、とてもSF的な雰囲気に満ちていますよ。

アップル・レコード

ビートルズの設立したアップル・レコードのデザインは、マグリットの作品がその由来と言われています。マグリットはその作品の中において、しばしば青いりんごのモチーフを扱っています。そしてメンバーのポール・マッカートニーが、マグリットの作品を所持しており、それをヒントにデザインをしたそうです。

\アートの歴史を巡ってみない?/

ダリ

サルバドール・ダリは、シュールレアリスムを代表するスペインの芸術家です。

上にピンと跳ねさせたカイゼル髭と、目を大きく見開いた顔がトレードマークとして有名です。

エネルギッシュで混沌と狂気に満ちた、独自の世界観をつくり上げました。

また奇怪な言動で世間の注目を集め、大変な人気者でもありました。

それらは奇人を演じたパフォーマンスであり、友人たちの前では常識人であったとされます。

ダリは講演会で潜水服を着て、危うく死にかけたことがあるそうです。

チュッパチャプス

世界的にも有名なキャンディーであるチュッパチャプスは、誰もが一度は見たことがあると思います。このチュッパチャプスのロゴマークは、なんとダリがデザインしたものです。1969年に、創業者がダリに依頼して考案されました。

キリコ

ジョルジョ・デ・キリコは、シュールレアリスムを象徴するイタリアの芸術家です。

形而上絵画を提唱し、シュールレアリスム美術の先駆者となりました。

神秘的でありながら、どこか不安や寂しさを感じさせる作風が特徴的です。

\アートの歴史を巡ってみない?/

まとめ

シュールレアリスムを、わかりやすく解説しました。

それは、無意識という人間の理解の及ばない世界を、現実の認識できる事象を用いて、イメージ化したものです。

20世紀の心理学の発展も、その背景として大きく関わっていました。

芸術家たちは様々な方法で、人の心の内にある、神秘や謎を表現しようと試みたのです。