描き方

テンペラとは何か?その意味をわかりやすく解説します!

テンペラ(〈イタリア〉tempera)

顔料を卵・膠(にかわ)・樹脂などで練った不透明な絵の具。また、それで描いた絵画。15世紀に油絵の具が発明されるまで、西洋絵画の代表的手法であった。

小学館 デジタル大辞泉

テンペラとは何かをわかりやすく解説したいと思います。

テンペラとは、西洋美術における伝統的な絵画技法のことです。

中世からルネサンスまでは非常に良く利用されていました。

卵を用いた卵テンペラが最も代表的です。

絵の具というのは、顔料を定着させるために何かしらの「つなぎ」が必要になります。

これを展色剤、固着剤、溶剤などと言います。

油絵では乾性油というオイルがつなぎです。

水彩では水とアラビアゴムです。

アクリル絵の具ではアクリル樹脂です。

そしてテンペラでは卵を用いるという訳です。

\意外と簡単!描いてみませんか?/

乾きが早く丈夫で、明るく鮮やかな発色をします。

油彩のような黄変・暗変をしないので経年劣化が少ないです。

数百年前に制作された作品が今日でも鮮明な色彩を保っています。

ダ・ヴィンチやボッティチェリなども、その作品の中でテンペラをよく利用しました。

また「テンペラ」という言葉は、「混ぜ合わせる」という意味のイタリア語「tempera」に由来します。

20世紀に入ってから再び注目され始め、クレー、カンディンスキー、ワイエスといった芸術家がテンペラを用いました。

卵は料理でも美術でも、つなぎとして利用されるんですね。