西洋美術史

ポップアートとは大量消費の時代を象徴した芸術様式である!

ポップアートとは何でしょうか?

それは20世紀から始まった、これまでにない前衛的な芸術様式でした。

現代美術を語る際にも、その存在は欠かすことができません。

ここでは、そんなポップアートをわかりやすく解説しました。

その特徴から歴史的な時代背景に至るまで、詳しく紹介しています。

僕は大学で西洋史を専攻していました。西洋の文化や歴史なら任せてください。

Creemaにて作品の販売もしています

\アートをより楽しめる/

ポップアートとは何か?

1960年代頃から、アメリカを中心として盛んになった芸術様式がポップアートです。

20世紀という時代を特徴付ける、大量生産・大量消費をテーマとしています。大量生産品の雑誌や広告、食料品、漫画、写真などをモチーフとして表現されます。

ポップアートを読み解くポイント
  • 大量生産・大量消費が主なテーマ
  • 大衆文化との融合
  • 芸術の中心地としてのニューヨーク

また大衆文化を芸術に取り込んだ、という点が大きなポイントです。

映画、漫画、アニメ、ポピュラー音楽などのサブカルチャーを、作品の中に色濃く反映させました。

『名画のすごさが見える西洋絵画の鑑賞事典』は、美術史の入門書としておすすめです。

『名画のすごさが見える西洋絵画の鑑賞事典』

大量生産・大量消費

20世紀という時代は、科学技術の発達により、かつてない変化が起きた時代です。

商品の生産と流通はめざましく進歩し、自動車や家電といった製品が一般家庭にも普及していきます。

これにより、人々の生活水準は飛躍的に向上し、今までとは比較にならないほど、豊かな生活が手に入りました。

そしてそれは、大量生産・大量消費の時代の始まりでした。

誰もが毎日のように大量の製品に囲まれ、それらを消費し、テレビや雑誌でその広告にさらされる、そんな生活が一般的になっていきます。

ポップアートの運動は、この大量生産・大量消費の様相こそ、現代社会の風景そのものだと捉えました。

現代の社会は至る所に広告が溢れ返り、商品よりもむしろ広告が主役となっています。

大衆文化との融合

ポップアートの特徴として外せないのが、大衆文化との融合です。

20世紀という時代は、映画、ポピュラー音楽、マンガ、アニメなど、大衆文化が台頭していった時代です。

ポップアートは、それらを表現の中心に、大胆に取り込んでいったのです。

時代の潮流に乗った、意図的な世俗化・俗物化だったと言えます。

こうした、サブカルチャーとの融合は、美術史においても重要な転換点でした。

大衆文化を取り込んだことで、ポップアートは非常にとっつきやすい芸術となりました。

芸術の中心地ニューヨーク

ポップアートは、アメリカのニューヨークを中心地とした芸術運動でした。

これは、20世紀における現代美術の特徴でもあります。

まず1940年代に、抽象表現主義という一大芸術運動が起こります。この運動により、パリに変わりニューヨークが芸術の中心地となっていきました。

その背景としては、第二次大戦の戦火を避けて、ヨーロッパから大勢の芸術家たちが移住してきたことがあります。

美術家、音楽家、建築家、デザイナーなど多くの文化人がやってきたことで、アメリカにおける芸術活動が先鋭化したのです。

音楽やファッションをはじめ、現代の文化は大都市から生み出されてきました。

\アートの歴史を巡ってみない?/

ポップアートを代表する芸術家たち

ポップアートは、抽象表現主義への反発として始まりました。

大量生産品をモチーフとすることで、表面的で俗物的な性格を作品に持たせました。

それは、意図的な芸術らしさの排除でした。

哲学や思想などを排し、記号の反復やレディメイド(既製品の利用)など、わざと没個性的で機械的な要素を取り込んでいったのです。

それらは、ダダイスムなどの「反芸術」の流れをくんだものでした。

芸術的な要素を弱めて、俗物性や退廃性を強調することで、今までになかった表現を行ったのです。

これまでの芸術とは逆の発想であり、まさに前衛的と言えるものでした。

ポップアートの代表的な芸術家は、ウォーホル、リキテンシュタインなどです。

ウォーホル

アンディ・ウォーホルは、ポップアートを象徴するアメリカの芸術家です。

現代美術において、最も有名な存在だと言えます。

ロックバンドのプロデュースや映画制作なども手掛け、マルチに幅広い分野で活躍しました。

シルクスクリーンという、同じ図版を大量に生産できる技法を用いた作品が有名です。

市場の既製品、有名人のイメージなど世俗的なシンボルを作品化しました。

そして、大量消費、非人間性、陳腐さ、空虚さ、といった要素を盛り込みました。

ウォーホルの作品は、まさに大量消費や大衆文化を象徴するものでした。

資本主義の暴走

現代における資本主義とは一体何でしょうか?その代表が新自由主義であり、一切全てを商品化していく「市場原理主義」です。ひたすらに効率と利益が優先され、人間性や共存性は置き去りにされました。その際限の無さは、まさしく巨大な怪物です。深刻な格差と環境破壊を生み出し、人類にとっての大きな脅威となりました。

リキテンシュタイン

ロイ・リキテンスタインは、ポップアートを代表するアメリカの芸術家です。

アンディ・ウォーホルと共に、ポップアートの芸術運動の中心人物でした。

漫画のコマを、印刷インクのドットまでわかるほど、拡大して描いた作品などで有名です。

漫画の持つ単純ながら強烈な表現力を、油彩で表現したのです。

それはまさに大衆文化と芸術との融合でした。

絵画だけでなく、彫刻や壁画といった作品も数多く制作しています。

新宿のオフィス街に、リキテンシュタインの彫刻作品『Tokyo Brushstrokes』がありますよ。

心斎橋のリキテンシュタイン

大阪は心斎橋の一角に、リキテンシュタインの大作があります。アメリカ村の北のはずれに建てられた、空気冷却塔の壁面に描かれ、1998年に完成したものです。広告の様に街中に溶け込んでいますが、紛れもないポップアート作品です。『OSAKA VICKI(大阪ヴィッキー)』という作品で、リキテンシュタインの中でも世界最大級です。

\アートをより楽しめる!/

まとめ

ポップアートをわかりやすく解説しました。

それは、大量消費の時代を象徴する芸術様式でした。

また、芸術の世俗化・俗物化による、新たな表現方法の開拓だったとも言えます。

芸術家たちは、時代の大きな潮流を捉え、それを様々な独自の方法で表現したのです。

そしてポップアートは、現代の芸術においても今なお影響を与え続けています。