西洋美術史

ロマン主義とは神秘的でダイナミックな芸術表現である!

ロマン主義が何かわかりますか?

新古典主義に続き、ヨーロッパ各地で広まった芸術運動です。

神秘的でダイナミックな表現が特徴的です。

その時代における様々な芸術分野に影響を与えました。

ここでは、そんなロマン主義をわかりやすく解説したいと思います。

僕は大学で西洋史を専攻していました。歴史の授業は任せてください。

Creemaにて作品の販売もしています

\アートをより楽しめる/

ロマン主義とは何か?

新古典主義に対抗して生まれた芸術様式がロマン主義です。

18世紀末から19世紀前半のヨーロッパで起こりました。文学、美術、音楽など幅広い分野の芸術に広まります。

それまで教条主義によって抑圧されてきた、個人の感受性や主観を重視するのが特徴です。

堅苦しい道徳や、教義的倫理からの解放を目指したものといえます。

感情、神秘性、夢といったものがその基本にあります。

また革命運動による民族意識の高まりも影響しています。18世紀末から世界各地では、革命運動が連鎖的に起こりました。

アメリカ独立革命、フランス革命、ラテンアメリカ独立革命などです。またイギリス産業革命も起こります。

これらの革命により民族意識や国民意識が高まり、ロマン主義の思想に影響しました

『名画のすごさが見える西洋絵画の鑑賞事典』は、美術史の入門書としておすすめです。

『名画のすごさが見える西洋絵画の鑑賞事典』

大正ロマン

日本では大正時代においてロマン主義が流行しました。個人意識の高まりや、近代化による高揚感などから、新しい時代への理想を求める思想として取り入れられました。その世相をロマン主義にちなみ大正ロマンと呼びます。

ロマン主義を代表する芸術家たち

ロマン主義の芸術家たちは、反伝統的、反教義的な作風が特徴です。

感情、夢、神秘といった個人の精神性を重視した表現を行いました。

オリエント世界、同時代の事件などを主題として、自由な想像力で様々な表現がされていきました。

代表的な画家はゴヤ、ドラクロワ、ターナーなどです。

ゴヤ

フラシスコ・デ・ゴヤは、ロマン主義を代表するスペインの芸術家です。

宮廷画家も務め、数々の作品を残しました。ベラスケスと並び、スペイン最大の画家と謳われています。

その後の多くの芸術家にも影響を与えています。

ドラクロワ

ロマン主義を代表するフランスの芸術家がウジェーヌ・ドラクロワです。

同時代の事件や、歴史的な事件を扱い、民族意識やオリエンタリズムを感じさせる作品を生み出しました。

その作品は、その後の芸術家たちにも大きく影響を与えました。

「世界の名画シリーズ」 (全17巻)

ターナー

ロマン主義を代表するイギリスの芸術家が、ジョゼフ・マロード・ウィリアム・ターナーです。

神秘的で壮大な風景画を描きました。

ダイナミックで現実と夢が半々の様な雰囲気は、ロマン主義の風景画の特徴と言えます。

\アートの歴史を巡ってみない?/

まとめ

ロマン主義を時代背景を抑えながらわかりやすく解説しました。

個人の主観や感受性を重視し、その神秘性を表現しようとしたのがロマン主義です。

新古典主義に対する反動もであり、民族意識の高まりという、その時代を反映したものでもあります。

そしてダイナミックで神秘的な作品が数多く生み出されました。