テクノロジー

今さら聞けない!生成AIとは何かをわかりやすくサクッと解説!

ChatGPTや画像生成AIなど、生成系のAIが世界的に注目を集める様になりました。

その話題やニュースを目にしない日はない、というほどです。

しかしながら、そもそもAIによる生成とは一体どういうものでしょうか?

生成AIの基本を解説!

その根本的な部分が、実はあまりよく知られていない様に思えます。

そこでここでは、生成AIの基本をわかりやすくまとめました。

生成AIとは何かを、サクッと学んでみましょう。

このブログでは、ChatGPTはじめ生成AIに関して、わかりやすく解説しています。

『日常で使える ChatGPT プロンプト入門』

今さら聞けない!アフィリエイトとは何かわかりやすく解説!

今さら聞けない!Adobeとは何かをわかりやすく解説!

えっ本人じゃん!Audibleでは人気声優が原作のナレーションを担当!

生成AIとは何か?

それでは、生成AIとは何かを解説していきます。

まずAIによる生成とは、専用の人工知能を利用して、画像、文章、音声、プログラムコード、構造化データなどさまざまなコンテンツを生成することです。

AIに「絵を描いて」「文章を書いて」などと命令を与えると、新しい絵や、新しい文章を自動的に生成してくれます。

こうした生成AIは、あらかじめ大量のデータを学習しており、まるで人間が作成した様な絵や文章を生成することができます。

生成AIは、大規模なデータセットから大量に、そして深く学習しているため、人間のように高度なコンテンツを生成することができるのです。

また、こうした生成系AIのことを、ジェネレーティブAIとも呼びます。

そしてAIによる生成の応用はとても多岐にわたり、現在も研究が活発に進められています。

生成AIは機械学習によって大量のデータを学んでいる。

こうしたAIに学習させる技術のことを、機械学習やディープラーニングなどと言います。

AIに高度な性能を持たせる上での、重要な技術となります。

そして生成AIの開発では、用途に合わせて様々な学習モデルが用いられます。

テキスト、画像、音声などのデータを、AIは学習していきます。

それらの学習モデルは、ニューラルネットワークという技術を応用したものです。

この様な高度で複雑な仕組みにより、AIが人間の様にクオリティの高いコンテンツを生成できるのです。

なぜ生成AIは注目されているの?

なぜ今、生成AIが非常に注目を集めているか解説します。

それはこの技術が、パラダイムシフトとも呼べる社会全体に変化をもたらすほどの存在だからです。

また、今後も間違いなく成長していく分野だからです。断言できますが確実です。

企業だけでなく、主要各国の政府が大規模な投資を続けていくことを、すでに決定しているためです。

実際に世界中で利用が急拡大しており、それは日本においても同様です。

文書作成やプログラミング、また音楽やアート作品の制作に至るまで、様々な仕事をAIにさせることが可能になりました。

スマートフォンやインターネットが爆発的に普及した様に、生成AIも確実に普及して一般化していく技術の一つだと言えます。

生成AIは爆発的な勢いで利用が広がっている。

生成AIの代表とも言えるChatGPTは、リリースからわずか2カ月後に、月間アクティブユーザー数が1億人に達したと推計されています。

これまでのインターネットの歴史において、これほど速く成長したウェブサービスは無いと言われています。

TikTokですらユーザーを1億人まで増やすのにリリースから約9カ月、Instagramでも2年半をそれぞれ要しています。

いかに生成AIというムーブメントが物凄いかが、よくわかると思います。

僕自身、自分の仕事にAIによる生成を積極的に取り入れています。実際にとても便利で、何かと役に立ってくれています。どうすればもっとうまく活かせるか、日々色々と試しています。

なので生成AIとは、一つのパラダイムシフトをもたらしているものであり、様々な形で人間社会全体に影響を与えていく存在なのです。

生成AIは非常に実用性が高い

生成AIは、現実社会の様々な現場において有効活用できるものであり、極めて実用性の高い技術です。

実際に私たちが、日常の中で使えるものなんですね。

誰もが利用できて、自分の学びや仕事に活かしていくことができる技術なのです。

生成AIは様々な分野で活用できる。

そしてビジネス、教育、医療、エンターテインメントなど、多くの分野での応用が期待されています。

恐らく近い将来において、ビジネスにおいては必須のスキルとなり、学校教育などにも広く取り入れられていくのではないかと思います。

生成AIに関連した仕事が増えていくことも間違いありません。

AIの進化はもはや他人事ではなく、誰にとっても関係してくることだと言えるんですね。

なのでAIによる生成を学んでおくことは、あらゆる人にとって重要であり、役に立つものだと思います。

生成AIによる課題やリスク

生成AIは、非常に便利なテクノロジーです。

しかし一方で、様々な問題や課題が生まれてきているのも事実です。

代表的なものが以下です。

  • 著作権の侵害
  • 偽情報(ディープフェイク)の氾濫
  • 情報漏洩

これは一国だけの問題ではなく、人間社会が直面している問題であり、誰もが避けては通れないものです。

生成AIには様々な課題やリスクがある。

あまりに急速にAIの性能が向上したことで、社会全体がその変化に追いつけていないのです。

そうした負の面としてのリスクをしっかり知っておくことも、非常に重要なことだと言えます。

『生成AI超入門』

まとめ

以上、生成AIとは何かをサクッと解説しました。

それは機械学習によって生み出された高度なAI技術であり、様々なコンテンツを生成できるものです。

人間がつくったかの様に、クオリティの高いコンテンツを生成することができます。

そしてその実用性の高さから、世界中で注目を集めています。

実際に、社会全体に変化をもたらすほどの存在であると言えるほどです。

今後も間違いなく成長していく産業であり、その影響はほぼすべての人々に及んでいくでしょう。

そのため、生成AIに関して学んでおくことは重要なのです。