デジタルアート

今さら聞けない!Adobeとは何かをわかりやすく解説!

Adobeとは一体何でしょうか?

現状のソフトウェア企業の中でも、最も重要な存在のひとつだと言えます。

Adobeをわかりやすく解説!

ここでは、そんなAdobeを基本から、わかりやすく解説したいと思います。

その特徴から歴史、代表的なソフトウェアまで詳しく紹介しました。

Adobeは長い歴史と実績を持つ。

また、Adobeを非常にお得に利用できる方法も解説しています。

Adobeとは何か、サクッと学んでみましょう。

Adobeとは何か?

Adobe(アドビ)とは、世界有数のソフトウェア企業のことです。

アメリカのカリフォルニア州に本社を置きます。

画像編集、動画編集といった、グラフィック処理における分野において、世界最大手のソフトメーカーです。

1982年創業で、IT企業として非常に長い歴史を持ちます。

長年に渡り培われたその技術力や実績は、紛れもなく世界最高峰です。

またAppleやGoogleなどと同じく、シリコンバレーの一角を担う存在でもあります。

映画、ゲーム、アニメ、グラフィックデザイン、ウェブデザインなどなど、

あらゆるクリエイティブの現場で、Adobeは利用されてきました。

そしてAdobe製品は、様々なプロの制作現場において、標準装備となっています。

Adobeは世界最大手のソフトウェア企業である。

Adobeソフトの特徴

Adobeのソフトは、プロフェッショナル向けの高度な性能が特徴的です。

非常に多種多様な機能を備えており、様々な編集や加工を可能にします。

その仕上がりのクオリティの高さは、他の追随を許しません。

Adobeソフトウェアの特徴

・プロフェッショナル向けの高度な性能

・クリエイティブ業界での圧倒的なシェア

・幅広い商品ラインナップ

一昔前までは、買い切りのパッケージ版がメインでした。

そして2013年からは、サブスクリプション制へと完全移行しました。

現在のサービス名は、Adobe Creative Cloudと言います。

Adobeソフトは非常に高性能で、クリエイティブ業界で広く利用されている。

Adobeの代表的なソフトウェア

Adobeのソフトウェアは、クリエイティブ業界においてスタンダードと言える存在です。

これがないと始まらないという業種も多いです。

そんなAdobeの代表的な製品を見てみましょう。

Photoshop

Photoshop(フォトショップ)は、Adobeを象徴する存在と言えます。

画像の編集、補正、加工を行うためのソフトウェアです。

グラフィック処理ソフトとして、世界規模での圧倒的なシェアを誇ります。

その実用性の高さから、長年に渡りクリエイティブ業界で利用され続けてきました。

特にデザインの分野では標準装備と言えます。

また、イラスト制作でも広く利用されています。

多彩なブラシやフィルタ機能など、デジタルアートの描画にも極めて優秀な性能を有しているのです。

その場合、ペンタブレットやiPadなどと組み合わせて利用します。

Illustrator

Illustrator(イラストレーター)は、Photoshopと並ぶAdobeを象徴する製品です。

ベクター画像を制作・編集するためのソフトウェアです。

ベクター画像とは、幾何学的な方式で処理された画像のことです。

ベジェ曲線という自由曲線を用いて、キャンバスに図形や文字を自由に描画できます。

シームレスなグラフィック表現が特徴的です。

ベクター編集ソフトとして圧倒的なシェアを持ちます。

イラスト制作においては、Photoshopがペイントソフトと言われるのに対し、Illustratorはドローソフトと言われます。

Premiere Pro

Premiere Pro(プレミアプロ)は、Adobeの提供する動画編集ソフトです。

ノンリニア編集といって、編集箇所を自由に選択して、映像を追加・削除・修正・並べ替えなどができます。

カット&ペースト、テロップの作成、音声の挿入など、動画編集に必要な様々な機能が揃っています。

映画、CM、YouTubeなどなど、映像制作の現場において、長年に渡り利用されてきました。

世界規模のシェアを誇る、動画編集のスタンダードです。

After Effects

After Effects(アフターエフェクツ)は、VFXやモーショングラフィックといった映像を制作するためのソフトウェアです。

つまりは、CGによる特殊効果をつくるソフトです。

Premiere Proと連携させることで、様々な映像表現が可能になります。

映画、アニメ、ゲーム、ウェブデザインなどなど、映像制作の分野で幅広く利用されています。

InDesign

InDesign(インデザイン)は、DTPを代表するソフトウェアです。

DTPとは、コンピュータを利用した印刷物のデザインのことです。

InDesignは、DTPソフトとして印刷業界におけるスタンダードの地位を、確固たるものにしています。

印刷・出版の業界では、もはやなくてはならない存在と言えます。

Adobe Acrobat

Adobe Acrobat(アドビ・アクロバット)は、PDFファイルを作成・編集・管理するためのソフトウェアです。

PDFを作成するソフトウェアは数多くありますが、開発元であるAdobeを利用するのが一般的です。

無料で利用できるAcrobat Reader(アクロバット・リーダー)は、主にPDFファイルの閲覧ができます。

有料のAdobe Acrobatであれば、PDFファイルの作成・編集など、より多くの機能を搭載しています。

AdobeとPDF

誰もが知っているファイル形式のPDFは、Adobeが開発したものです。環境に左右されずに、紙文書などでも実際と同様の状態で閲覧できます。1993年にリリースされ、その利便性から広く普及していき、国際標準化されました。

Adobeをお得に利用するには?

Adobeを利用する際は、基本的に公式サイトから申し込みます。

利用プランと支払い方法を決めて、申し込むだけです。

あとはオンライン上からダウンロード、インストールして完了です。

そしてAdobe公認のオンライン講座を受講すれば、誰でも非常にお得に利用することができます。

現状において、Adobeを最も安く利用する方法となっています。

公認のオンライン講座を利用すれば、Adobeをお得に利用することができる。

Adobe公認のオンライン講座は誰でも利用できます。

下のプラン料金を見てください。

〈Creative Cloud 通常プラン〉

72,336円(年間)

〈Creative Cloud オンライン講座利用〉

39,980円(年間)

オンライン講座利用が、非常にお得なサービスであることがわかると思います。

Adobeを利用する際に、最もおすすめの方法です。

そしてオンライン講座を提供している主なスクールが以下です。

基本的にこの中のどれかを選ぶのがおすすめとなります。

Adobe公認のスクールパートナーで、その中でも最上位のプラチナランクに認定されています。

安心して利用することができますよ。

・Adobe公認のオンライン講座で信頼性が高い

・その中でも最高のプラチナランクである

・Adobeの主要ソフトをすべて利用できる

そしてコンプリートプランなので、Adobeの主要ソフトをすべて利用できます

あらゆるクリエイティブな活動において役立つでしょう。

すべて年間プランでの提供で、途中解約などは無い。

またどのスクールも年間プランでの提供です。

Adobe Creative Cloudの12か月の利用権限と、オンライン講座がセットになったものです。

料金体系に差はありません。

自分の気に入ったスクールを選べばいいと思います。

Adobeを購入する際は、オンライン講座を利用すると非常にお得である。

まとめ

Adobeをわかりやすく解説しました。

現代のクリエイティブ分野における、世界最大手のソフトウェアメーカーです。

非常に高性能なソフトをいくつもリリースしており、様々なプロの現場で利用され続けてきました。

業界で標準装備とされるものが多く、世界規模での圧倒的なシェアを誇ります。

またサブスクリプションへの移行によって、だいぶ個人でも手が出やすくなりました。

Adobeは今後も間違いなく、重要なソフトメーカーであり続けるでしょう。

そしてAdobeを利用する際は、公認のオンライン講座が断然おすすめです。 

Kindle Unlimited 30日間無料体験