描き方

全身を描く簡単な2つのコツ!パーツの比率と位置関係!

全身の人物画を描くコツを紹介します。

それは、身体のパーツ同士の比率を把握すること

そして位置関係の目安となるポイントを把握することです。

人物画はとても面白いですが、全身のバランスを保ちながら描くのは、慣れないとなかなか難しいものです。

この記事では、このコツをわかりやすく解説していきます。

簡単なので、すぐ実践出来ますよ。

身体のパーツ同士の比率

人体を描く上でまず重要なのは、全体のバランスを整えることです。

そこで役に立つコツが、身体のパーツごとの比率を把握することです。

胴体がこの長さであれば、腕はこのくらい、足はこのくらいといった具合です。

パーツ同士を比較してバランスを調整するのです。

では、まず身体全体の比率を見てみましょう。

まず股から上と股から下は1対1です。

それが分かっていれば、全身のプロポーションのバランスを整えられます。

次にです。

肩から肘と肘から手首は1対1です。

この比率を目安に腕を描きましょう。

続いてです。

股から膝までと膝から足までは1対1です。

この比率を目安に脚を描きましょう。

とても単純な比率ですが、覚えておくと役に立ちます。

基本の比率を把握しておけば、何かバランスがおかしい際の調整がすぐにできます。

役に立つ位置関係と目安

パーツ同士の比率の次におすすめしたいコツが、位置関係の目安です。

これもとても単純ですが、覚えておくと便利です。

まず腕を自然な状態に置くとき、肘の位置は大体へそと同じ高さです。

同様に腕を自然な状態に置くとき、手首は大体股と同じ高さです。

とてもシンプルな目安ですが、全身の人物画のバランスを整える際にはとても有効です。

是非活用してみてください。

おすすめ参考書

全身の人物画を描く上でおすすめの参考書がルーミスの「やさしい人物画」です。

やさしいというタイトルは名ばかりの、とても専門的で詳しい参考書です。

解剖学の観点を取り入れた、正確で詳細な人物描写を、徹底解説しています。

もう一冊のおすすめがジャック・ハムの「人体のデッサン技法」です。

こちらも人体の描写を徹底解説しています

ジャック・ハムは、ペン画が多くコミック調なので、取っ付きやすさがあります。

まとめ

全身の人物画を描く上でのコツである、パーツ同士の比率と位置関係の目安を紹介しました。

簡単なので、すぐ実践出来ると思います。

人物画は奥が深く、探求しようとすれば際限はありません。

だからこそ、基礎基本をしっかりと身に着けることは、とても重要な武器になります。

是非楽しみながら人物画を描いてみてください。