西洋美術史

壮大なクロニクル!古代ローマの芸術作品を紹介!

人類史上でも最も繁栄した、巨大帝国である古代ローマ。

その歴史の中でつくられた、様々な芸術作品を紹介したいと思います。

それは現代の西洋社会にもつながる、歴史的にも非常に重要なものです。

西洋文化を理解する上でも、役立つと思います。

僕は大学で西洋史を専攻していました。西洋の文化や歴史なら任せてください。

Creemaにて作品の販売もしています

\アートをより楽しめる/

古代ローマとは何か?

古代ギリシアの次に、西洋世界の主役となったのが古代ローマです。

イタリア半島の都市国家にすぎなかったローマが、地中海世界全体を支配する大帝国にまで発展しました。

ギリシアの学問を引き継いだことで、高度な文化水準を有していたことが大きいでしょう。

紀元前8世紀に建国され、共和制の後に帝政となります。

西ローマ帝国崩壊まで、実に千年を超えて続いた強大な帝国でした。

また古代ローマは、レス・プブリカと呼ばれる高度な政治システムを作り上げました。

これは政治共同体としての理念で、その後の近代的な国家の礎となるものです。

『古代ローマ帝国 1万5000キロの旅』は、入門書としておすすめです。

『古代ローマ帝国 1万5000キロの旅』

古代ローマを代表する芸術作品

古代ローマでは芸術活動も活発でした。

建築、絵画、彫刻、モザイクなどが代表的な作品です。

ギリシアの芸術文化の多くが、本や教えを通じてローマ帝国でも引き継がれていました。

そのギリシア美術を手本として、様々な作品がつくられました。

絵画

古代ローマの絵画で、現存するものは非常に少ないです。

そのほとんどが、ポンペイやヘルクラネウムなどの遺跡で見つかったものです。

これは、西暦79年のベスヴィオ山の噴火によって、街全体がそのままの状態で埋まったためです。

19世紀にこれらの遺跡が発掘され、古代ローマの絵画が非常に良い保存状態で発見されることとなりました。

当時の人々には悲劇であった災害が、古代ローマの文化を現代に伝えることとなったのです。

都市を飲み込んだ火山灰が、ちょうど乾燥剤の様な働きをして、保存状態を良好に保ったそうです。

ローマ水道

古代ローマでは、水を供給するために数多くの水道が建設されました。これらは古代ローマにおける最も偉大な業績のひとつです。この古代の水道は非常によくできており、現代においても使用され続けています。

\アートへの理解を深めてみない?/

彫刻

古代ローマでは、ギリシアと同様に彫刻作品が数多くつくられました。

膨大な数のギリシアの彫像がローマに輸入され、神殿はしばしば再利用されたギリシアの作品で飾られていました。

非常に精巧なつくりで、技術力の高さを伺わせます。

彫刻家はほとんどギリシア人であり、多くの場合奴隷です。

古代ローマ社会において、奴隷は肉体労働だけでなく、高度な知的労働にも従事していたのです。

古代ローマでは奴隷が重要な役割を担いました。解放されてローマ市民となることもできました。

『西洋美術は「彫刻」抜きには語れない 教養としての彫刻の見方』

ローマ街道

ローマ帝国内では、大規模に街道が整備され、地中海全域に網の目のように敷設されました。この一大交通ネットワークは、交易や物流など経済面を大きく促進させます。ローマ帝国の繁栄の大きな要因であったと言えます。

建築

古代ローマの建築技術は極めて優れていて、コロッセオパンテオンといった巨大な建造物をつくっています。

またローマ街道、ローマ水道、公共浴場など、発達した公共インフラを整備していました。

その文化水準は非常に高いものだったと言えます。

ローマの都市は、それまでの都市国家よりも規模・人口共にはるかに大きいものです。

都であるローマの人口は、最盛期には100万を超えるほどの超巨大都市でした。

古代ローマでは、コンクリートが発明され建築に利用されました。頑丈なつくりで、今日でも当時の姿を保っています。

公共浴場

古代ローマでは多くの公共浴場がつくられました。公の施設として建設され、貧富の差を問わず誰でも利用できました。飲食、運動、読書、商売、議論などもできる場所で、いわば総合アミューズメント型のスパ施設でした。皇帝は市民を喜ばせ、名声を後世に残すため、自らの名を冠した豪勢な浴場を築きました。

まとめ

古代ローマにおける芸術作品を紹介しました。

歴史や文化と共に学ぶことで、より理解が深まると思います。

古代ローマでは、ギリシアの高度な文化を引き継ぎ、国家を飛躍的に繁栄させました。

法律やインフラの整備など、国家としての基盤が非常にしっかりしていたのです。

そしてその中で、様々な芸術作品や文化が生まれていきました。

\アートへの理解を深めてみない?/