デジタルアート

手軽に読書!Kindleのおすすめ端末を紹介!

Kindleで読書をはじめてみましょう。

2007年に登場して以来、Kindleは電子書籍の中心的存在です。

Kindleは電子書籍を代表する存在である。

読書にとても身軽さや快適さをもたらしてくれました。

また電子書籍の市場は成長を続けており、Kindleの人気も伸び続けています。

「Kindle試してみたい!」

という様な声も増えていると思います。

そこでここでは、Kindleのおすすめモデルを紹介します。

Kindleのおすすめを紹介!

おすすめの人気モデルをわかりやすく解説しました。

またKindleの特徴やデメリットなども合わせて紹介しています。

自分の用途に合ったモデルでKindleをはじめてみましょう。



やはり電子書籍においてKindleは王道であり鉄板です。

2880

Kindle Unlimited ブラックフライデー 3か月99円キャンペーン

Kindle端末のおすすめとは?

それではKindleのおすすめ端末を紹介します。

Kindleは読書に特化させた、電子書籍専用タブレットです。

また余計な機能が無いので、読むことに集中できるのも魅力的です。

Kindle Paperwhite シグニチャー エディション

まずおすすめなのが、Kindle Paperwhite シグニチャー エディションです。

Kindleでも最も人気のPaperwhiteシリーズの上位機種です。

基本的なKindleの性能に加えて、高い防水性能や色調調節ライトなどを持ちます。

さらにシグニチャー エディションでは、明るさ自動調整機能やワイヤレス充電機能も付きます。

とても使いやすく、様々な環境下で読書を快適に楽しむことができます。

Kindle Paperwhite シグニチャー エディション 6.8インチディスプレイ

Kindle

Kindleのスタンダードモデルもおすすめです。

最も低価格で入門用のエントリーモデルと言えます。

しかしながら、Kindleの基本的な性能をしっかり備えています。

また最もコンパクトで軽量です。

Kindleをはじめてみる際にピッタリのモデルです。

Kindle (16GB) 6インチディスプレイ 電子書籍リーダー

Kindle端末の特徴

それではKindle端末の特徴を見てみましょう。

読書のための専用端末として設計されたタブレットです。

とても快適に読書を楽しむことができる製品ですよ。

Kindleの特徴
  • 目に優しく読みやすい
  • 軽量で持ち運びやすい
  • 余計な機能がない
  • アプリが使いやすい

目に優しく読みやすい

Kindleはディスプレイに電子ペーパーの一種であるEインクを採用しています。

これにより紙の様な読み心地を再現しています。

また直接照らさないフロントライト方式になっています。

これらの技術により目に優しく読みやすいです。

様々な環境下において、読書を楽しむことができます。



色調調節や明るさの自動調整機能などもありますよ。

さらに電子書籍なので、文字の大きさは自由に変えられます。

また行間やフォントの変更などもできます。

そのため文字が小さくて読みづらい、と言ったことがありません。

紙の本の読みやすさを再現し、文字の表示も変えられる。

軽量で持ち運びやすい

Kindleは非常に軽量なタブレットです。

片手でも楽に持ち上げることができます。

そのため持ち運びに便利です。

自分の好きなところに持ち出して、読書を楽しむことができますよ。

そしてKindleは1台で数百から数千冊の本を保存できます。

また辞書機能も内蔵しており、わからない単語をすぐに調べることができます。



重さとしては大体iPhoneと同じくらいですね。

加えてウィキペディア検索機能も備えています。

とても身軽に持ち運びできる蔵書だと言えますね。

外出先での読書にも便利である。

余計な機能がない

Kindleは読書のための専用端末です。

それ以外の余計な機能を持たせていません。

Eメールやソーシャルメディアなどの通知に気を取られることもありません。

そのため読書に集中できるのです。



気になる箇所にハイライトやメモを付けることもできますよ。


さらに余計な機能が無い分バッテリーの持ちが良いです。

1度の充電でなんと数週間は持ちます。

読書以外の機能を排することで利便性が向上している。

アプリが使いやすい

Kindleのアプリは非常に使いやすいです。

読書のための便利な機能が備わっています。

まず文字の大きさを自由に変更できます。

フォントを明朝とゴシックで切り替えることもできます。

さらにページの色や画面の明るさも変更できますよ。



文字の調整は画面右上の文字アイコンからできます。

さらにいつでも目次を呼び出して、好きな箇所に移ることもできます。

目次は画面左上のアイコンメニューから呼び出せます。

また好きなところにカラーマーカーの様なハイライトを引くこともできます。

メモやしおり(ブックマーク)をつけることもできますよ。



好きなところでロングタップすれば、ハイライトやメモを加えられます。しおりは画面右上にブックマークボタンがありますよ。

Kindleはアプリが使いやすい。

Kindle端末のデメリット

では次にKindle端末のデメリットも紹介します。

購入を検討する際はよく確認しておきましょう。

カラー版がない

Kindleのディスプレイは白黒表示のみでカラー版はありません。

これは電子ペーパーの技術であるEインクが、白黒のみの仕様のためです。

Kindleストアにない書籍は読めない

Kindleを利用する場合、Kindleストアに無い書籍は読むことができません。

しかしながらKindleストアは、電子書籍サービスの中では圧倒的な品揃えを誇ります。

Kindleのオプション「広告あり」「広告なし」

Kindleはオプションで「広告あり」と「広告なし」モデルを選択できます。

「広告あり」ではスリープ時やホーム画面に広告が表示されます。

代わりに本体価格が2000円程度安くなります。

また読書モード中には広告の表示はされません。

自分の用途に応じて選びましょう。

Kindle Unlimited 30日間無料体験

まとめ

Kindle端末のおすすめを紹介しました。

まずKindle Paperwhite シグニチャー エディション、

またスタンダードなKindleもおすすめです。

読むことに特化された設計なので、快適に読書することができますよ。

お気に入りのKindleで、電子書籍を楽しんでみてください。