西洋美術史

新古典主義とは荘厳で理想的な美の追求である!

新古典主義とは何かわかりますか?

バロック・ロココに続き、ヨーロッパで広まった芸術様式です。

その影響は、絵画、彫刻、音楽、建築など幅広い芸術活動に影響しました。

ここでは、そんな新古典主義をわかりやすく解説したいと思います。

時代背景や重要なポイントもしっかり抑えてあります。

僕は大学で西洋史を専攻していました。歴史の授業なら任せてください。

Creemaにて作品の販売もしています

\アートをより楽しめる/

新古典主義とは何か?

18世紀後半から19世紀初頭の、ヨーロッパで起こった芸術様式が新古典主義です。

ギリシア・ローマの古典を模範としました。

ロココの優美で装飾的な様式に反発して、より厳かで理想的な美を追い求める運動でした

文学、美術、音楽、建築など幅広い分野に渡り広まりました。

また背景として、18世紀後半にポンペイの遺跡が発掘され、当時の人々の古代への関心が高まったことがあります。

ポンペイは古代ローマの遺跡で、ベスヴィオ火山の噴火により埋まった都市です。

当時の様子をそのまま残しており、文化遺産としても歴史史料としても貴重な発見でした。

さらにフランス革命やナポレオンの登場によって、古典の英雄的な主題が好まれたという面もあります。

数々の英雄が登場するギリシア神話は、まさに理想的なモチーフでした。

『名画のすごさが見える西洋絵画の鑑賞事典』は、美術史の入門書としておすすめです。

『名画のすごさが見える西洋絵画の鑑賞事典』

ナポレオンと新古典主義

新古典主義に大きく影響を与えたのがナポレオンの登場です。ヨーロッパを破竹の勢いで制圧していったナポレオンは、当時の様々な芸術活動に影響を与えました。自身は宮廷画家にダヴィドらを採用し、その作品を有効な宣伝手段としても活用します。

\アートをより楽しめる!/

新古典主義を代表する芸術家たち!

新古典主義の芸術は、荘厳さと理想的な美を追求しました。

特に古代ギリシアの美術をその理想とし、絵画においては神話画や歴史画が多く描かれました。

非常に正確なデッサンが特徴で、完璧に整ったバランスを重視しています。まさに、アカデミー美術の王道と言えるものでした。

代表的な芸術家はダヴィド、アングル、カノーヴァなどです。

ダヴィド

ジャック・ルイ・ダヴィドは、新古典主義を象徴するフランスの芸術家です。

ナポレオンの宮廷画家も務め、神話をモチーフにした数々の作品を生み出しました。

完璧なまでにバランスとディテールにこだわり、荘厳さと理想的な美を表現しています。

アングル

ドミニク・アングルは、新古典主義を代表するフランスの芸術家です。

極めて優れたデッサン力で、数々の傑作をつくりあげました。

その精巧な技術力の高さは、まさに圧倒的と言えます。

またその後の芸術家たちにも、大きく影響を与えます。

カノーヴァ

アントニオ・カノーヴァは、新古典主義を代表するイタリアの彫刻家です。

古代から受け継がれる、非常に精巧で生命感溢れる作風が特徴的です。

まさにギリシア彫刻の王道とも言えるものです。

主に神話をモチーフにした、数多くの優れた彫刻作品を生み出しました。

\アートの歴史を巡ってみない?/

まとめ

新古典主義をわかりやすく解説しました。

それは古代ギリシアを理想とする、荘厳で理想的な美の追求でした。

また、フランス革命やナポレオンの登場といった時代背景があります。

新古典主義は完璧にバランスの整った理想的な美という、まさに西洋美術の王道と言えるのかもしれません。

それではご覧いただきありがとうございました。