描き方

油絵できらめく星空を描こう!分かりやすく手順を解説!

油絵で綺麗な星空を描いてみたくないですか?

穏やかな星空は、心が和みますよね。

そこでここでは、描き方の手順とコツを紹介したいと思います!

実際に描いているメイキングと共に、詳しく解説していきます。

\意外と簡単!描いてみませんか?/

星空を描く準備

それでは、星空の描き方を解説していきます。

実際のメイキングと共に、順を追ってひとつひとつ解説していきます。

まずは下準備が重要です。

主にパレットづくりや、キャンバスへの地塗りなどです。

油絵の制作では、まず準備作業が重要である。

パレットをつくる

まずはパレット上で、使用するであろう色をつくります。

油絵では、このパレットづくりの作業が重要です。

描きながら色をつくるよりも、格段に作業をスムーズに進められるからです。



入門書としては『油絵Style & Process』がおすすめです。

『油絵Style & Process』

使うであろう色を、パレットにつくっておく。

ここでは、フタロブルーを夜空のメインの色にしました。

とても鮮やかな青色で、汎用性の高い絵の具です。

また空というのは必ずグラデーションになっています。

色の階調をつくっておきましょう。

つくり方は、絵の具にホワイトを混ぜていくだけです。

使っているのはチタニウムホワイトです。

暗め、中間、明るめの3つの階調をつくりました。

また、寒色だけでも夜空は描けるのですが、ここでは差し色でピンクもつくっておくことにしました。

キナクリドンレッドにホワイトを混ぜて、ピンクを2階調つくりました。

それではこれで、パレットの準備ができました。



差し色を入れると、ファンタジー感のある空になります。

油絵で使用するオイル

描く際には、主に「乾性油」というオイルを使います。

油絵はこのオイルが無いと始まりません。

リンシードオイル、ポピーオイル、サフラワーオイルなどがあります。

オイルは多すぎても少なすぎてもダメです。気持ち良く絵の具が伸びる量が適切です。

乾性油の他には、揮発性油と乾燥促進剤があります。

\意外と簡単!描いてみませんか?/

キャンバスの下準備

キャンバスには、あらかじめ地塗りをしておくといいです。

絵の具のノリと伸びが良くなります。



地塗り材としては、ジェッソやアクリル絵の具がおすすめです。

キャンバスはジェッソなどで地塗りしておく。

リキテックス ジェッソ

夜空の色調を把握する

またここで、夜空の基本的な色調を把握しておきましょう。

夜空は基本的に、暗めの寒色がベースです。

そして、夜空は下に行くほど、だんだんと明るくなります。



夜空の色味も様々です。緑や紫など色調を自由にカスタマイズしてオーケーです。

使用する筆

筆は大きめの平筆を用いましょう。

筆の種類は、豚毛かナイロン筆が適しています。

ターレンスの「メタルイーゼル」は、軽量コンパクトで使い勝手がいいです。

ターレンス メタルイーゼル 3段ブラック

\意外と簡単!描いてみませんか?/

星空の描き方の手順

それでは実際に、キャンバスに描いていきましょう。

また順を追って、ひとつひとつ解説していきます。

何より楽しんで取り組んでいきましょう。

油絵の描き方の手順は、暗部から明部が基本である。

暗い空の色を描く

まずは画面の上から、暗めの寒色を描いていきます。

絵の具チューブから出したままのフタロブルーです。

また、使っているオイルは乾性油です。

筆はなるべく大きめの平筆を用いる。

中間の空を描く

続いて、暗めの空の下に、中間の明るさの空を描いていきます。

暗い空を描いた筆とは、別の筆を使います。

基本的に油絵では、描いている最中に筆を洗って、色を変えるということはしません。



筆は立てずに、なるべく寝かせてソフトに描きましょう。

暗めの空と、中間の空の境界をボカしていきます。

筆を大きくストロークさせて、グラデーションにしていきます。

油絵は乾きが遅いので、こうしたボカし処理がしやすいという特徴があります。

油絵はグラデーションなど、ボカし処理がしやすい。



ちなみに僕が使ってる筆は、ぺんてるの「ネオセーブル」という筆です。お手頃なのに描きやすくておすすめです。

ぺんてる ネオセーブル 3本セット

明るい空を描く

それでは、中間の空の下に、明るめの空を描いていきます。

夜空の下の方はわりと明るいので、この部分は結構明るめにして大丈夫です。

そしてまた、境界部分をボカしていきます。



タッチを残すかどうかは、筆のストロークで調整できます。その辺りは好みでいいと思います。

差し色を描く

明るめの空の下に、差し色で明るいピンクを描いていきます。

境界部分に、ところどころ鮮やかなピンクも入れます。

そしてまた、境界部分をボカしていきます。



ピンクを描くことで、ファンタジー感を演出します。

夜空の色調が描けたら乾燥させる

それではこれで、夜空の色調が描けました。

空の色調が描けたら乾燥させる。

このまま数日間、乾燥させましょう。

最低でも、3日以上は置いておいた方がいいです。



どうしても油絵は乾燥に時間がかかります。この間に、別の作業を同時進行でするのがおすすめです。

乾く前にどこまで描き、乾いたあとで何を描くか、油絵ではそれを考えておく必要がある。

無数の星を描く

絵の具が乾いたら、無数の星を描いていきましょう⭐️

星を描く際には「スパッタリング」という技法を用います。

星を描く際は、スパッタリングの技法が便利。

絵の具が飛び散るので、キャンバスの下に新聞紙や段ボールをひきましょう。

スパッタリングの方法は、まず絵の具をオイルで薄く溶いて、筆に含ませます。

その筆の先を、何か固いものにぶつけて弾き、絵の具を飛ばしていきます。

星を描く際には、ホワイトを使いましょう。



いきなり絵の上に飛ばさず、まずは紙の上などで絵の具の飛び散り具合を確認しましょう。

絵の具の固さや量、筆を弾く強さ、キャンバスとの距離などで、飛び散り具合が変わっていきます。

実際に描きながら、自分の感覚でつかんでいきましょう。

それでは、スパッタリングによって無数の星が描けました。

ややもどかしいですが、またこのまま数日乾燥させましょう。



油絵ではホワイトをよく使います。大容量のものを買っておくのがおすすめです。

ターレンス 油絵具 ヴァンゴッホ チタニウムホワイト

地上を描く

続いて、地上を描いていきます。

夜の地上はとても暗いので、黒に近い最も暗い色味で描いていきます。

油絵では黒を描く際に、絵の具のブラックを使うことはあまりしません。

鮮やかな補色同士を混ぜ合わせて、黒に近い暗い色をつくります。

油絵ではブラックは混色でつくる。

その方が、深みのある色ができるからです。

ここでは、フタロブルーにバーントシェンナを混ぜて、黒に近い暗い色をつくりました。

この黒で地上を描いていきます。

夜の地上はとても暗いので、ほとんどシルエットとして描いていきます。

『画づくりのための光の授業』はおすすめです。科学的かつ論理的に、光の効果が解説がされています。

よくわかる!『画づくりのための光の授業』

光の効果など科学法則を知っておくことは、絵のスキルに直結する。

ここでは筆のエッジをつかって、地上の草を表現しています。

筆を小刻みに動かして、草を描いていきます。

さらに、人物もアクセントとして描くことにしました。

風景画に人物がいると、ストーリー性が出ますね。



人の体をバランスよく描くのは難しいものです。初心者の場合、無理に描かなくてもいいと思います。

星空の完成!

それではこれで、きらめく星空が描けました!

お疲れ様です!

まとめ

油絵で星空を描く方法を、わかりやすく解説しました。

ちゃんと基本をおさえていけば、誰でも描けるようになると思います。

油絵は敷居が高いと思われがちですが、実は初心者でも描きやすい画材です。

是非、気軽にチャレンジしてみてください。