描き方

油絵で広々とした海を描こう!分かりやすく手順とコツを解説!

油絵で雄大な海を描いてみたくないですか?

広い海は、見ていると心が落ち着きますよね。

そこで、描き方の手順と簡単に描けるコツを紹介したいと思います!

実際のメイキングと共に、詳しく説明していきます。

\意外と簡単!描いてみませんか?/

海の描き方の手順

では、油絵での海の描き方を解説していきます。

アニメの背景美術のテクニックを、ふんだんに取り入れて参考にしています。

実際に描いているメイキングの様子と共に、わかりやすく説明します。

僕は油絵で描いていますが、水彩やアクリルやデジタルなどでも基本は同じです。

入門書としては『油絵Style & Process』がおすすめです。

『油絵Style & Process』

まず画面全体を濡らします。

乾性油というオイルを使います。

これは、ウェット・オン・ウェットという技法です。

絵の具の伸びと馴染みが良くなり、一気に描き上げることができます。

画面全体を濡らさなくても、絵の具をたっぷりのオイルで溶いて描いてもいいです。

オイルは多すぎても少なすぎてもダメです。絵の具が気持ちよく伸びる量が適切です。



ウェットオンウェットはスピードペインティングのことだとも言えますね。

スカイブルーで空を描いていきます。

大きめの平筆で描きましょう。上半分ほどを塗ります。

空の下の方から、明るめのスカイブルーを描いていきます。

筆を大きく動かし、滑らかなグラデーションにします。

ウェット・オン・ウェットで描いているので、スムーズに馴染ませることが出来ます。

これで空が描けました。



空の色味は見る方角や時間帯で変わります。太陽との位置関係の変化ですね。

次に海を描いていきます。

まずは、奥の水平線側から濃いマリンブルーで描きます。

海のトーンは、遠いほど暗く、近いほど明るくなります。

水平線側より、やや手前側の海を描きます。

先ほどより明るいマリンブルーで描きます。

筆を大きく動かして、境界部分を馴染ませます。

海の一番手前側を描きます。

明るいターコイズブルーで描いていきます。

また筆を大きく動かして、境界部分を馴染ませます。

海の手前側は、わざと筆のタッチを大きく残すと、波の動きを表現出来ます。



ターコイズブルーは、ウルトラマリンにウィンザーグリーンを混ぜると簡単に出来ますよ。

ホワイトで雲を描いていきます。

雲は左右非対称に、上部が膨らむ様に描きます。

S字のラインを意識して配置すると、バランスのいい構図になります。

また上の方の雲ほど大きく、下の方ほど小さく描きます。



雲はスケール感を演出するのにも役立ちます。

水平線近くの雲は、小さく淡く、密集させて描きます。

これは、とても遠くにある雲だからです。遠近法のコツのひとつです。

開放感のある、広々とした海を描くことができました!

お疲れ様です!

\意外と簡単!描いてみませんか?/

まとめ

油絵で海を描く方法を解説しました。

アニメーターの技術を参考にすることで、簡単にリアルな表現ができます。

シンプルでいながら、とても役に立つテクニックだと思いますよ。

風景画を描く際の、参考になればと思います。