描き方

油絵で青空と白い雲を描こう!簡単に描けるコツを紹介!

油絵で、青空と白い雲を描いてみたくないですか?

爽やかな青空と白い雲は、とても清々しいです。

風景画の王道であり基本ですね。

その描き方の手順を、わかりやすく紹介したいと思います!

実際に描いている様子と共に、ひとつひとつ解説していきます。

Creemaにて作品の販売もしています

\意外と簡単!描いてみませんか?/

青空と白い雲を描く準備

それでは、青空と白い雲の描き方を見ていきます。

実際のメイキングと共に、わかりやすく解説します。

まず油絵制作では準備が大切です。

主にパレットづくりや、キャンバスへの地塗りなどです。

油絵では下準備が重要である。

パレットをつくる

まずはパレットをつくります。

油絵では、あらかじめ使う色をつくっておくことが重要です。

その方が、作業を格段にスムーズに進められるからです。

入門書としては『油絵Style & Process』がおすすめです。

『油絵Style & Process』

ここでは、フタロブルーを用いて、空の色をつくっています。

とても鮮やかな青色で、汎用性の高い絵の具です。

つくり方は、フタロブルーにホワイトを混ぜていくだけです。

ホワイトは、チタニウムホワイトです。

最も白く隠蔽力の強い白で、油絵はこのホワイトが無いと始まらない、と言ってもいいくらいです。



油絵ではホワイトをよく使います。大容量のものを買っておくのがおすすめです。

ターレンス 油絵具 ヴァンゴッホ チタニウムホワイト

また空というのは、必ずグラデーションになっています。

なので色の階調をつくっておきます。

基本的に、濃い空と明るい空の、2階調つくっておきましょう。

明るい空をつくるには、さらにホワイトを混ぜるだけです。

油絵で使用するオイル

描く際には、主に「乾性油」というオイルを使います。

油絵はこのオイルが無いと始まりません。

リンシードオイル、ポピーオイル、サフラワーオイルなどがあります。

オイルは多すぎても少なすぎてもダメです。気持ち良く絵の具が伸びる量が適切です。

乾性油の他には、揮発性油と乾燥促進剤があります。

キャンバスの下準備

キャンバスには、あらかじめ地塗りをしておくといいです。

絵の具のノリと伸びが良くなります。



地塗り材としては、ジェッソやアクリル絵の具がおすすめです。

リキテックス ジェッソ

\意外と簡単!描いてみませんか?/

青空と白い雲の描き方の手順

それでは実際に、キャンバスに描いていきましょう。

また順を追って、ひとつひとつ解説していきます。

ここでは、まず青空を描いて、それが乾いてから雲を描く、という手法で進めていきます。

油絵を描く手順は、暗部から明部が基本である。

空の色を描く

上から空の色を描いていきます。

筆はなるべく大きめの平筆を使いましょう。

筆は大きめの平筆を用いる。

使用しているオイルは乾性油です。

画面の上半分ほどを塗っていきましょう。



平筆はとても便利で万能な筆です。面を使って広く塗ることも、エッジを使って細部を描くことも出来ます。

明るい空を描く

次に下から、明るい空を描いていきます。

濃い空を描いた筆とは、別の筆を使います。

基本的に油絵では、描いている最中に、筆を洗って色を変えるということはしません。



筆は立たせず、なるべく寝かせて描きましょう。キャンバスに筆を立てて描くと、穂先がすぐにバサバサになってしまいます。

色の境界をボカす

濃い空と明るい空の境界を、ボカしていきます。

油絵は非常に乾きが遅いです。

油絵はグラデーションなど、ボカしの処理がしやすい。

そのため、こうしたボカしの処理がしやすいという特徴があります。

またタッチをどれくらい残すかは、筆のストロークで調整できます。

僕はタッチを強く残すのが好きなので、わざと荒いストロークで描いています。

その辺りは好みでいいと思います。



ちなみに僕が使ってる筆は、ぺんてるのネオセーブルという筆です。お手頃なのに描きやすくて、平筆、丸筆ともにおすすめです。

ぺんてる ネオセーブル 3本セット

青空が描けたら乾燥させる

これで青空の色調が描けました。

空の色調が描けたら乾燥させる。

このまま数日間、乾燥させます。

最低でも3日以上は、おいておきましょう。



油絵はどうしても乾燥に時間がかかります。この間に、別の作業を同時進行でするのがおすすめです。

乾く前にどこまで描き、乾いたあとで何を描くか、油絵ではそれを考えておく必要がある。

雲を描く

空の色が乾いたら、雲を描いていきましょう。

また平筆を用います。絵の具はチタニウムホワイトです。

雲は基本的に、上部を膨らませて、左右非対称に描きましょう。



雲には様々な種類があります。ここで描いているのは基本的な積雲です。

基本的な雲の配置ですが、

まず大中小の雲を、全体のバランスを見て描きます。

これによって、まず構図を安定させる訳です。



ところどころ、画面からはみ出させるのもポイントです。それにより、空の広大さやスケール感を表現できます。

また雲の大きさですが、

基本的に上の雲ほど大きく、下の雲ほど小さく描きます。

雲を描く際も、遠近法による奥行きを意識する。

これは上の雲ほど自分の近くにあり、下の雲ほど自分から遠くにあるからです。

遠近法のひとつですね。

水平線近くの雲は、小さくて密集しています。

また細長く、平べったい形をしています。

平筆のエッジを使って描いていきます。

ターレンスの「メタルイーゼル」は、軽量コンパクトで使い勝手がいいです。

ターレンス メタルイーゼル 3段ブラック

また全体的に、S字のラインを意識して雲を配置すると、バランスのいい構図になります。

構図はどんなときも、リズムと流れが重要です。

雲の陰を描く

次に、雲の陰を描いていきます。

陰の色は、ブルーに少しグレーを混ぜた色味です。

太陽の方向を設定し、光の方向を意識しながら描いていきます。



雲の陰は、単純なグレーではありません。

また雲に限らずですが、

晴れた日の陰影というのは、基本的に寒色寄りになります。

暖色の光の陰影は、寒色寄りになる、というのがルールだからです。

また青空からの光の影響もあります。

『画づくりのための光の授業』はおすすめです。科学的かつ論理的に、光の効果が解説がされています。

『画づくりのための光の授業』

光と色のルールを把握することは、絵を描くスキルに直結する。

次に、乾いた平筆を使って、雲の輪郭をところどころボカしていきます。

乾いた筆を用いて、雲をところどころボカす。

これにより、雲がより空に馴染み、また大気の流れも感じさせる様になります。

乾きの遅い、油絵ならではの技法と言えるかも知れません。

青空と白い雲の完成!

それではこれで、青空と白い雲を描くことができました。

お疲れ様です!

\意外と簡単!描いてみませんか?/

まとめ

油絵で、青空と白い雲を描く方法を、わかりやすく解説しました。

風景画を描く際の、参考になればと思います。

ちゃんと基本をおさえていけば、誰でも描けるようになると思います。

また油絵は敷居が高いと思われがちですが、実は初心者でも描きやすい画材です。

是非、気軽にチャレンジしてみてください。

Creemaにて作品の販売もしています