描き方

オクルージョン・シャドウとは何か?リアルな表現に役立つポイント!

オクルージョン・シャドウは、写実的な表現に欠かせない要素です。

これを上手く表現出来れば、リアルさがグッと増しますよ。

絵画、イラスト、コンピュータ・グラフィックスなど、視覚表現の分野で役立ちます。

リアルで存在感のある表現に欠かせない要素と言えますね。

オクルージョン・シャドウを加えるかどうかで、本物らしさがまるで違ってくるんです。

そんなオクルージョン・シャドウを、詳しく解説していきます。

オクルージョン(occlusion)は英語で妨害や遮蔽を意味するようです。あまり目にしない形式ばった表現ですね。

オクルージョン・シャドウとは何か?

オクルージョン・シャドウとは、物体と物体の接する場所にできる、とても濃く暗い影のことです。

光が入り込めないので、とても暗くなるんですね。

本影とも言いますよ。

影の中でも、最も暗い影になります。

なのでオクルージョン・シャドウを表現するときは、画面内で最も暗く設定しましょう。

通常の影や陰など、全体の暗部を描いたあとで描き込むといいです。

僕は絵を描く際、大体最もあとからオクルージョン・シャドウを描き込みます。

様々な場面で見られるオクルージョン・シャドウ

オクルージョン・シャドウは、どういったところに見られるのでしょうか?

簡単に言うと「隙間」です。

ピッタリと接触している、モノとモノの間の隙間ですね。接しているところ、重なっているところなどです。

食器と机の隙間、本と本の隙間、時計と壁の隙間などがそうですね。

そういったところに、オクルージョン・シャドウを表現すると、リアルさが増します。

実生活の中で観察してみると面白いですよ。様々なところにオクルージョン・シャドウが見つかると思います。

写実表現におけるオクルージョン・シャドウ

写実表現において、オクルージョン・シャドウはとても重要な要素です。

これを描くことで、リアルさはグッと増します。

アナログ・デジタル問わず覚えておいて損はないでしょう。

最近はコンピュータ・グラフィックスの分野でも、頻繁に用いられているようですね。

オクルージョン・シャドウを覚えて、リアルな表現に役立てましょう。

『画づくりのための光の授業』はおすすめです。科学的かつ論理的に、光の効果が解説がされています。

『画づくりのための光の授業』

まとめ

オクルージョン・シャドウに関して、詳しく解説しました。

写実表現における重要な要素なんですね。これが表現出来れば、よりリアルな描写が可能になりますよ。

普段の生活の中でも観察できるので、是非覚えてみてください。