アート教室

岡本太郎の名言炸裂!『自分の中に毒を持て』を要約まとめ!

岡本太郎をご存知ですか?

「芸術は爆発だ」など数々の名言でも知られる、とても著名な芸術家です。

『太陽の塔』や『明日の神話』など、数多くの作品を残しました。

そして僕にとっては、人生において最も影響を受けた人物の一人です。

その価値観、人生観、精神性は、どこまでも己を貫き、同時に己と闘い続けるものでした。

現代においてもまるで古びない、むしろ一層に輝きを放つものです。

そんな岡本太郎の名言が詰まった名著、『自分の中に毒を持て』から、選りすぐりを抜き出しました。

見やすく要約してまとめてあります。

人生に挑み本当に人間らしく生きる!

最大の敵は自分自身だ

社会的状況や世間体と闘う。同時に自分自身とも徹底的に闘う。

カッコウにとらわれそうになったら自分を叩き潰してやる。

命を賭けて運命と対決する。その時、切実にぶつかるのは自分自身。

己が最大の味方であり、また敵なんだ。

本当の人生を歩むかどうかの境目

すでに慣れた、見通しのついた道を行くか。何か危険を感じる、先の見えない道を行くか。

危険な道をとる。危険だという道は、必ず自分の行きたい道なのだ。

頭で考えてはいけない。

毎日の日常の中、瞬間瞬間が選択の連続だ。

本当に生きるってのは、覚悟を決めること。

自分自身の生きるスジは誰にも渡してはならない

青年は己の夢にすべてのエネルギーを賭けるべき。

挑戦した上での不成功者と、挑戦を避けたままでの不成功者では、全く天地の隔たりがある。

自分を大事にしようとするから、逆に生きがいを失ってしまう。

結果がどうなろうと構わない

むしろ、まずくいった方が面白いと考える。

そうやって自分の運命を賭けていけば、命がパッと開く。

何かを貫こうとしたら、体当たりでぶつからなければダメだ。

自分は弱くてダメなんだと平気で認める!

未熟ということをプラスの面に突き上げる

本当に生きるとは、いつも自分は未熟だという前提のもとに平気で生きること。

ストレートに認めてみる。

強くなろうとジタバタしない方がいい

諦めるのではない。自分を認めるのだ。

何かを必ず見つけようと、頑張る必要はない。

軽く素直に動けばよい。

萎縮せずにありのまま生きる

何かこれと思ったら、まず他人の目を気にしない。自分の目も気にしない。

情熱に条件なんて無い。無条件に生きる。

力まずに、心の動く方にまっすぐ行く。

計算づくでない人生を生きる

安全な道のりを選ぶと何も出来なくなる。

自信なんてどうでもいい。

そんなもので行動したらロクなことはない。

ありのままの自分を貫き己と闘い続ける!

自信を持ちたいなどという卑しい考えを持たない

他と比較して自分を決めるなどという卑しいことはやらない。

まわりに気をつかいながら、カッコよくイージーに生きようとすると、人生を貫く芯が無くなる。

ただ自分の信じていること、正しいと思うことに突き進むだけだ。

才能があるからできるんじゃない

情熱があるから行動できるんじゃない。

逆だ。何かをやろうと決意したから、意思もエネルギーも吹き出してくる。

自信はなくても、とにかくやってみると決意する。ひたすらにやってみる。

それだけでいい。また、それしかない。

意思を強くする方法なんてありはしない

そんな余計なことは考えず、本当に今やりたいことに全身全霊をぶつけて集中する。

自分の運命を賭ければ、必ず意思がわいてくる。

基準は他人ではない

他人にどう思われようと、どう言われようと自分自身の信念を貫く。それがプライド。

他に対してではなく、自分自身に対してプライドを持つ。

みんなに悪く思われたくない、というのは自分がかわいい一念なのだ。

友達に愉快な奴と思われる必要があるのか?

みんな自分を大事にしすぎる。自他に甘えているんだ。

自分の在り方を外に突き出していない。

孤立してもいいと腹を決め、自分を貫いていく。

自分を大事にしすぎているから、色々と思い悩む。

そんな大事にしないで、好かれなくていいと決心し、自分を投げ出してしまうのだ。

自分は幸せという幸福反対論

ニブい人間だけが「しあわせ」なんだ

人類全体の痛みをちょっとでも感じる想像力があったら、幸福というのは有り得ない。

自分は幸福だ、なんてヤニさがっているのはとても卑しい。

自分のまわりだけを見て、その他のことは一切目をつぶって見ることもせず、自分は幸せだと言えるのはエゴイストだけだ。

エゴイストにならなければ「しあわせ」では有り得ない。

自分として純粋に生きることが、人間の本当の生き方だ!

人間はすべて矛盾の中に生きている

それに絶望してしまったら負け。その矛盾の中でおもしろく生きようと発想を変える。

この世に苦しみ悩んでいるのは決して自分だけじゃない。

世の中のほとんどの人が、同じ悩みを持っていると言っていい。

うまくやろう、成功しようとするから、うまくいかない

人生うまくやろうなんて利口ぶった考えは、誰でも考える。

それは大変卑しい根性だと思う。

自分の正しいと思ったことを平気で明朗に表す

自由に明朗に、あたりを気にしないで、のびのびと発言し行動する。

社会や周囲の全部が否定的であればあるほど行動を起こす。

絶対に変わらない社会と妥協しない

激しく挑み続けても世の中は変わらない。

しかし、世の中は変わらなくても自分自身は変わる。

闘い続けることが生きがいなんだ。

恋愛とはまったく無条件のものだ!

男女の愛は闘いである

闘いでなければ愛ではない。

自分がその人を好きだという、その気持ちに殉じればいい。

お返しを期待せず自分の心を開くことで、自分自身が救われるはずだ。

恋愛だって芸術だって同じだ。全身をぶつけること。

結婚は人間の手かせ足かせにしかならない

結婚という形式に縛られた男女は、互いに人間の可能性を潰し合う。

結婚が人間を卑小な存在にしている。

緊張も無くなり双方安定してしまうので、もはや燃えるものはない。

恋愛と結婚とは全く別のものだ

恋愛とは無条件のものだ。

そこに打算が入ると、やはり身を売っていることになる。

運命的出会いと結婚は全然関係ない。結婚は形式であり、世の中の約束ごと。

本当の出会いは約束ごとじゃない

男と女のセクシュアルな出会いというのは自然そのもの。

もっと自然のままに平気で振る舞えばいい。

男と女が広場的に開放された場で出会う。スッぱだかの人間的協力関係を持つ。

密着していると同時に離れている、純粋な関係を保っていく必要がある。

きれいに生きてはいけない!人生とは一瞬一瞬である!

己自身と闘え

己を大事にするから弱くなってしまうのだ。

自分自身を突き飛ばせばいいのだ。

自分を大事にしようとするから、逆に生きがいを失ってしまうのだ。

いま、この瞬間

まったく無目的で、無償で、生命力と情熱のありったけ、全存在で爆発する。それがすべてだ。

人生とは一瞬一瞬である。人生、即、芸術。

人間が生まれてきて、一番痛切につかみとらなければいけないのは「生命感」だ。

何でもいい。見物人ではなく、とにかく自分でやってみよう。動いてみよう。

生身で運命と対決して歓喜するのが、本当の生命感なんだ。

死に向き合ってはじめていのちが奮い立つ!

死に直面して生きる

システムの中で安全に生活することばかり考えていては、生命の緊張感を失い逆に虚しくなる。

強烈に生きることは常に死を前提にしている。

死に対面する以外の生はない。

死という最も厳しい運命と直面して、はじめて命が奮い立つのだ。

人間にとって成功とは何だ?

結局はどれだけ自分の夢に向かって挑んだか、努力したかではないだろうか。

死と対面し対決するとき人間は燃え上がる。それは生きがいであり歓喜だ。

本当に生きるとは、自分で自分を崖から突き落とし、自分自身と闘って、運命を切り開いていくこと。

自分の信念、筋を貫くことだ。

『自分の中に毒を持て<新装版>』

まとめ

岡本太郎の言葉は、今見ても全く古びません。

時代の流行などには一切とらわれない、人間の普遍性に訴えているからでしょう。

その珠玉の名言の数々は、今を生きる人々にも多くの励ましや勇気を与えていると思います。

\意外と簡単!描いてみませんか?/