油絵講座

油絵でドラマチックな夕焼けを描こう!手順とコツを解説!

油絵で夕焼けを描いてみたくないですか?

ドラマチックな夕焼けは心に響きますよね。

そこで、描き方の手順と簡単に描けるコツを紹介したいと思います!

実際のメイキングと共に、詳しく解説しますよ。

また僕は風景を描く際に、アニメの背景美術のテクニックを参考にしています。

Creemaにて作品の販売もしています

\意外と簡単!描いてみませんか?/

夕焼けを描くための準備

では、夕焼けの描き方を解説していきます。

実際のメイキングと共に、わかりやすく解説します。

まずは準備が大切です。



入門書としては『油絵Style & Process』がおすすめです。

『油絵Style & Process』

パレットをつくる

まずはパレットをつくりましょう。

油絵では、あらかじめ色をつくっておくのがおすすめです。

その方が、作業を格段にスムーズに進められるからです。

まず、フタロブルーを用いて、空の寒色をつくっています。

フタロブルーは、とても鮮やかな青色で、汎用性の高い絵の具です。

色のつくり方は、フタロブルーにホワイトを混ぜていくだけです。

わりと明るめの、スカイブルーをつくりましょう。

ホワイトの種類は、チタニウムホワイトです。

最も白く隠蔽力の強い白で、油絵はこのホワイトが無いと始まらない、と言ってもいいくらいです。



油絵ではホワイトをよく使います。大容量のものを買っておくのがおすすめです。

ターレンス 油絵具 ヴァンゴッホ チタニウムホワイト

次に、パーマネントイエローで明るい黄色をつくります。

またホワイトを混ぜていくだけです。

次に明るいオレンジをつくります

パーマネントオレンジにホワイトを混ぜていきます。

これでパレットが出来ました。

油絵で使用するオイル

油絵を描く際には、主に「乾性油」というオイルを使います。

油絵はこのオイルが無いと始まりません。

リンシードオイル、ポピーオイル、サフラワーオイルなどがあります。

オイルは、多すぎても少なすぎても良くありません。

気持ち良く絵の具が伸びる量が適切です。

乾性油の他には、揮発性油と乾燥促進剤があります。

キャンバスの下準備

キャンバスには、あらかじめ地塗りをしておくのがおすすめです。

絵の具のノリと伸びが良くなります。



地塗り材としては、ジェッソやアクリル絵の具がおすすめです。

リキテックス ジェッソ

\意外と簡単!描いてみませんか?/

夕焼けの描き方の手順

それでは実際に、キャンバスに描いていきましょう。

また順を追って、ひとつひとつ解説していきます。

ここでは、まず空の色調を描いて、それが乾いてから雲を描く、という手順で描いていきます。

夕焼けの色調を把握する

まずは、夕焼けの基本的な色調を把握しましょう。

夕焼けの色彩は、無限のグラデーションです。

見るタイミングによって、様々な変化があります。

典型的なトーンのパターンとしては、「上が寒色、下が暖色」です。



実際の夕焼けを観察してみましょう。様々な色調のパターンが見つかりますよ。

空の寒色を描く

上の方から、空の寒色を描いていきます。

淡い水色くらいの、明るめのスカイブルーがいいでしょう。

用いる筆は、なるべく大きめの平筆がおすすめです。

また用いるオイルは、主に乾性油です。



油絵を描く際の筆は、豚毛やナイロン筆が適しています。

空の暖色を描く

次に、スカイブルーの下に明るい黄色を描いていきます。

また別の色を塗る際は、基本的に筆も別のものを用います。

水彩やアクリルの様に、水でサッと絵の具を落とすことはできないからです。

それから、色と色の境界をボカしていきます。

筆を大きくストロークさせましょう。

油絵は乾きが遅いので、ボカしの処理がしやすいです。



僕はタッチを残すのが好きなので、わざと荒いストロークで描いています。その辺りは、好みでいいと思います。

続いて、明るい黄色の下に、明るいオレンジ色を描いていきましょう。



ちなみに僕が使ってる筆は、ぺんてるの「ネオセーブル」という筆です。お手頃なのに描きやすいです。平筆、丸筆ともにおすすめです。

ぺんてる ネオセーブル 3本セット

また色と色の境界を、ボカしていきましょう。

これで、夕焼けの色調を描くことができました。

このまま数日間、乾燥させましょう。

最低でも、3日以上は置いておいた方がいいと思います。

雲を描くためのパレットづくり

数日後、乾燥したキャンバスに雲を描いていきます。

また、パレットづくりから始めます。

夕焼けの雲は、基本的に青紫色がメインになります。

ここでは、ウルトマリンブルーとキナクリドンレッド、そしてホワイトを混ぜています。

そして雲の光が当たる箇所は、鮮やかな暖色になります。

カドミウムオレンジ、カドミウムイエローという明るくポップな暖色がおすすめです。

少しホワイトを混ぜるか、チューブから出したままでも構いません。

これで、雲を描くためのパレットができました。

雲を描く

それでは、青紫色で雲を描いていきましょう。

雲は基本的に、左右非対称に描きます。

また上の部分をモコモコ膨らませす。

そして基本的に、上の方の雲は大きく、下の方の雲は小さく描きます。

遠近法のひとつですね。

また、とこどころ画面からはみ出させるのも有効です。

それにより、空の広大さやスケール感を表現出来ます。

そして雲の配置は、全体的にS字のラインを意識するとバランス良くなりますよ。



雲は空のスケール感を演出するのにも役立ちます。

雲の明るい部分を描く

続いて、雲の光が当たっている部分を描きます。

夕焼けの雲は、光が当たる箇所はとても鮮やかな暖色になります。

また太陽が低い位置にあるので、雲の底の部分などに光が当たります。

なのでまず、雲の底に明るいオレンジ色を描いていきます。

ターレンスの「メタルイーゼル」は、軽量コンパクトで使い勝手がいいです。

ターレンス メタルイーゼル 3段ブラック

太陽の位置をしっかり設定して、全体的にオレンジ色を置いていきましょう。

ここでは画面右下の方向に太陽があります。

オレンジの次に、ところどころ明るいイエローを描いていきます。

オレンジにやや重なる様に、色を置いていきましょう。

またところどころ、陰のない明るい雲を描くのも有効です。

明るいオレンジやイエローだけで描きます。

『画づくりのための光の授業』はおすすめです。科学的かつ論理的に、光の効果が解説がされています。

『画づくりのための光の授業』

雲のふちをボカす

次に、乾いた平筆を使って、雲のふちをところどころボカします。

やさしく表面を撫でる様にするといいです。

これにより雲がより空に馴染み、また大気の流れも感じさせます。



ボカす際も、なるべく大きい筆がおすすめです。

夕焼けの完成!

それではこれで、ドラマチックな夕焼けを描くことができました!

お疲れ様です!

Creemaにて作品の販売もしています

\意外と簡単!描いてみませんか?/

まとめ

油絵で夕焼けを描く方法を、わかりやすく解説しました。

ここで紹介しているのは、シンプルでいながら、とても役に立つテクニックだと思います。

また、やはり基本をしっかり抑えていくのが重要です。

それでは、ご覧いただきありがとうございました。