描き方

体は胴体から描け!胸郭と骨盤の8の字型がポージングを決める!

人の身体を描く際、どこから描き始めますか?

僕は必ず胴体から描きます。

手足や頭に比べれば胴体は地味ですよね。

でも実は、体を描く際には最重要と言えるパーツなんです。

胸郭と骨盤から成る8の字型のフォルム」を捉えることがポイントです。

まず胴体の位置、それに角度と向きが決まれば、うまく狙ったポージングに描けますよ。

ここでは、その基本からコツまで詳しく解説しています。

人の体を描くには胴体が第一!

人の体を描くには、手も足も頭も重要ですが、第一は胴体なんです。

胴体が体の中心であり基幹部分です。

胴体をまずしっかり捉えること。

それが出来るかどうかで、体の描き方はほぼ決まります。

何事においても、基礎が大事ですよね。

基礎がしっかりしていなければ、脆弱なつくりになります。

それがあると無いでは雲泥の差が出ます。

そして、人の体においては、胴体が基礎なんです。

体幹と言う方がよく伝わるかもしれません。

胴体をしっかり捉えられれば、手足や頭の配置は自然と付いてきます。

胴体の向きと角度が、リズムを生み出す起点になるからです。

ポージングは、まず胴体から描くとバランスが整いやすいですよ。

胴体は「胸郭と骨盤」の2つのフォルムから成る!

胴体は2つのフォルムで形成されます。

それが「胸郭と骨盤」です。

胸郭と骨盤を繋いだ、8の字型のフォルムを意識しましょう。

また、平面でなく立体でイメージすることも重要です。

胸郭の大きく丸みのある樽型のフォルムと、骨盤の台形で箱型のフォルムです。

その2つが、しなやかでよく動くウエストの筋肉で繋がっています。

この柔軟なウエストの動きにより、胴体は様々な向きや角度を取ることが出来るんですね。

胸郭と骨盤。2つのフォルムを別個に捉えることで、様々な動きを描けるようになりますよ。

ポーズを描く際には、この2つの向きと角度をよく意識しましょう。

胸郭と骨盤のフォルムは、どんなポージングでも有効です。うまくいくまで何度もアタリを描きましょう。

胸郭と骨盤の向きと角度からリズムが生み出される!

人の体には必ずリズムがあります。

このリズムをうまく捉えることが、体を描く際の重要なポイントです。

そのリズムを生み出す起点が、胴体であり体幹です。

胸郭と骨盤の向きと角度です。体の中心線のラインです。

なので、胴体をしっかり捉え設定することが、描き始める際に非常に重要なんです。

胴体がちゃんとしていないと、バランスもリズムも崩れてしまいます。

逆にそこがしっかり設定されていれば、あとは自然にポーズがついてきますよ。

胸郭と骨盤の向きと角度。まずそれをしっかり捉え設定しましょう。

それぞれどこを向いていて、どれくらい傾いているのか。

正面か背面か、横か斜めか。

胸郭と骨盤の位置をよく意識して、描いていきましょう。

その際に、立体を常に意識することも非常に重要なポイントです。

\意外と簡単!描いてみませんか?/

まとめ

人物画において、胴体がいかに重要なポイントか解説しました。

胸郭と骨盤から成る8の字型が、人体のリズムの起点なんです。まずはそこをしっかり捉えることです。

慣れるまでには、少し時間がかかるかもしれません。でも、何度もアタリを描いて練習すれば、必ず身につくと思います。

僕もポーズを描く際には、うまくいくまで胴体のアタリを何度も描き直しています。

このコツはとても実践的で役立つと思いますよ。様々なポージングが描けるようになるので、是非覚えてみてください。