描き方

油絵の具でおすすめの色!系統別まとめ&解説レビュー!

油絵の具の種類は非常に豊富です。

覚え切れないほど、様々な絵の具の色があります。

しかし、便利な一方で選ぶのが大変ですよね。ホワイトだけでも、いくつもあるんですから。

そこで、おすすめの色をピックアップしてみました。使いやすく便利なものを厳選チョイスしてあります。

色の系統別にまとめて、解説レビューも付けていますよ。

Creemaにて作品の販売もしています

\意外と簡単!描いてみませんか?/

油絵の具のおすすめの色!

では油絵の具における、おすすめの色を紹介していきます。

実用性や汎用性が高い色をチョイスしています

揃えておくと便利ですよ。



入門書としては『油絵Style & Process』がおすすめです。

『油絵Style & Process』

赤系

赤は非常に目立ち目を引く色です。アクセントカラーとして用いると効果的です。

カドミウムレッド

明るく鮮やかな赤色。不透明。発色が良くポップな色味。

アリザリンクリムゾン

鮮やかな赤紫色。ルビーの様な色味。様々な赤の調整に使えて便利。

オレンジ系

オレンジは暖かみを出す際に便利です。夕焼けを描く際にも欠かせません。

カドミウムオレンジ

明るく鮮やかなオレンジ色。不透明。発色が良くポップな色味。

バーミリオンヒュー

透明で鮮やかなオレンジ色。

ジョーンブリヤン

明るい肌色。暖色の光の調整に便利。

黄色系

黄色は様々な場面でよく使う色です。色味や明るさの調整に用います。アクセントカラーとしても効果的です。

カドミウムイエロー

明るく鮮やかな黄色。不透明。発色が良くポップな色味。

レモンイエロー

明るく鮮やかなレモン色。不透明。

イエローオーカー

落ち着いた黄土色。自然な色味で汎用性が高い。

緑系

緑は自然を描く際に欠かせません。風景画においては必須の色です。

ウィンザーグリーン(フタログリーン)

鮮やかな深緑色。エメラルドの様な色味。汎用性が高い。

ビリジアン

落ち着いた深緑色。定番とも言える濃い緑。

パーマネントグリーンライト

明るく鮮やかな黄緑色。ポップな色味。

青系

青は非常に良く使う色です。空や海を描く際や、影色の調整に用います。緑を混ぜることで、ターコイズやセルリアンといった色味もつくれます。

ウルトラマリンブルー

鮮やかで深い青色。サファイアの様な色味。発色が良く汎用性が高い。

フタロブルー

深く鮮やかな青色。発色が良く汎用性が高い。

茶色系

茶色などアース系の色はとてもよく使います。地塗りや下絵、髪色や暗部の調整などに用います。

バーントシエンナ

自然な色味の赤茶色。汎用性が高い。早く乾く。

バーントアンバー

自然な色味のこげ茶色。汎用性が高い。早く乾く。

トランスペアレントレッドオキサイド

鮮やかな赤茶色。発色が良く透明性が高い。

ベネチアンレッド

自然な色味の赤茶色。

グレー系

グレーはとても頼りになる便利な色です。よく使うので多めに揃えておくと良いです。全体の色味や明るさの調整にも用います。

モノクロームチントクール

暗めのグレー。ホワイトを混ぜればグレーの階調をつくれる。

グレイオブグレイ

中間的な明るさのグレー。

白系

ホワイトは油絵で最も消費する色です。これが無いと始まりません。大容量のものが便利です。混色による明るさの調整やハイライトに用います。

チタニウムホワイト

最も白く隠ぺい力のあるホワイト。厚塗りに適している。

\意外と簡単!描いてみませんか?/

まとめ

油絵の具でおすすめの色を紹介しました。本当に様々な種類の絵の具があるんですね。

まずはセットで購入して、気になる色は後からバラで足していきましょう。

上で紹介した色はどれも便利で使いやすく、おすすめですよ。

ここで挙げた以外でも、気になる色があれば気軽に試してみると良いと思います。