描き方

誰でも描ける顔の描き方!コツは立体構造と位置関係の把握!

人の顔は、描く対象として非常に魅力的ですよね。

しかし、全体のバランスを保ちながら描くのは、初心者のうちはなかなか難しいものです。

そこで、誰でも描けるようになる、実践的で分かりやすいコツを紹介したいと思います。

具体的には、まず頭部や顔の立体構造を把握します。

その上で、顔の各パーツの比率や位置関係を基に、顔を描いていきます。

この描き方の手順を、メイキングと共にわかりやすく解説していきます。

頭部は球体!

まずは、頭部の大まかな形状からつかみます。

人の頭部は球体とみなすのがよいでしょう。

球体の下部に顎の分の出っ張り少し加えれば、人の頭部の構造が出来上がります。

顔の立体構造

続いて顔の立体構造を把握していきましょう。

上の図で示したものが基本的な顔の立体構造です。

これをおさえておくことは、顔を描く上で重要な基礎になります。

こうしたブロック処理による面構成は、描く対象の構造を把握する際にとても有効ですよ。

顔だけでなく身体の他の部位においても同様です。

顔の描き方

では顔を実際に描いていきましょう。

正面から見た、リアルな男性の顔を描いていきます。

円を用いたアタリの取り方ならば、初心者でも簡単に正確な顔描けます。

まずは円を描いて中心線を十字に入れます。

半径と同じ長さを下に伸ばします。

両端から下に向けて顎のラインを引きます。顔の輪郭ができました。

円を横切る中心線上にを描きます。
その下にを描きます。目は顔全体の高さのちょうど中間地点にあります。

を描きます。鼻は円の底から目の高さまでの位置です。

を描きます。
口は鼻から顎先までの中間に描きます。

髪の生え際を描きます。
一番上から少しさがった辺りです。

を描きます。
耳は鼻から眉までの高さになります。顔のパーツが大体描き込めました。

余計なラインを消して各パーツの形を整えます。髪は頭部のラインよりやや膨らませます。髪型はお好みで。

顔が描けました!お疲れ様です。

以上、顔を描く手順でした。

この手順で描けばバランスの取れた顔が描けると思います。

お疲れ様でした。

おすすめ参考書

顔を描く際におすすめの参考書がルーミスの「やさしい顔と手の描き方です。

いい意味でタイトルを裏切っていて、顔の描き方を徹底解説しています。

解剖学の知見も豊富に取り入れていて、とても詳細に顔の構造を分析しています。

骨格から筋肉の付き方まで解説し、徹底して正確な描写に努めています。

書かれたのはかなり昔ですが、今読んでも十分役に立ちます。描き方の古典的名著です。

まとめ

顔を描く際も、基礎基本が重要です。

基本的な立体構造や、各パーツの位置関係の把握が大切です。

そこさえ抑えられれば、誰でも正確に顔を描写出来ます。

初心者のうちは細部に囚われがちですが、実際は全体のバランスの方が遥かに重要です。

では、楽しみながら色々な顔を描いてみてください。