描き方

リアルな手の描き方!指の関節のボール型フォルムを意識しろ!

よりリアルで、存在感のある手を描くにはどうすればいいでしょうか?

デッサンでもイラストでも、なかなか上手く表現するのが難しいですよね。

そこで、本物らしい手を描くのに、非常に有効なコツを紹介したいと思います。

ここであげるポイントを抑えれば、初心者でもリアルで存在感のある手を描けるようになりますよ。

詳しく解説していきます。

指の関節のボール型フォルム

指は関節ごとにボール型のフォルムを持っています。

このフォルムを意識することで、格段にリアルで存在感のある手を描けます。

力強さが出るので、ゴツさやイカつさを出したいときにも有効です。男性的な手の表現に適していると言えます。

また、わりと近くに寄らないと、このボール型はそこまでハッキリ見えません。なので、ある程度手がクローズアップされたときに描きましょう。

ゴツさを出したいときは、このボール型を誇張・強調してみるのも効果的ですよ。

手のリズムと流れを掴む!

手はとてもリズムに満ちています。

関節が多いので可動性に富み、様々な動きが出来るからです。

そのリズムをうまく表現すれば、よりリアルで生き生きとした手が描けます。

そして手のリズムは、指ごと、関節ごとに生み出されます。

回転や上下する波のリズムを持っています。その流れをうまく捉えて表現しましょう。

手のリズムはとても生命感を感じさせます。

手のひらのふくらみ

手のひらのふくらみも、しっかり意識しましょう。

リアルな表現に欠かせないポイントです。

手のひらには3つのふくらみがあります。

  1. 親指の付け根のふくらみ
  2. 小指側のふくらみ
  3. 他の指の付け根のふくらみ

リアルさのためには、このふくらみもしっかり表現しましょう。

立体構造を常に意識することが重要です。

指は揃えずに動きを持たせる!

自然な状態で、手の指が一直線上に揃うことはまずありません。

意識的にしない限り、そうはならないんですね。合掌するときや空手チョップをするときなどです。

平常時において、指は必ず不揃いに折り重なります。

なので手の指は、必ず不揃いに描きましょう。それが自然でありリアルな描き方です。

指にランダムで自然な動きを持たせましょう。

ウエイトを意識するとリアルさが増す!

モノには必ずウエイト、つまり重さがあります。

重力や力の作用により、何かしら変形しているんですね。

これをしっかり捉え表現することで、リアルさや力強さがグッと増します。

なので手の表現においても、ウエイトを意識しましょう。

どういう力が働いているのか。どこが縮んでどこが伸びているのか。

ウエイトによる伸び縮みを、うまく捉えて表現しましょう。

\意外と簡単!描いてみませんか?/

まとめ

手の描き方は奥が深いです。

とても難しいと同時に、とても魅力的です。

ここで取り上げたポイントを抑えれば、よりリアルな表現が出来ると思いますよ。

ボール型のフォルムと波打つリズム、そしてウエイトやバランス。

こういったポイントを抑えて、手の表現の幅を広げていきましょう。