描き方

油絵で人物画を描こう!描き方の手順とコツを解説!

油絵で人物画を描いてみたくないですか?

やはり人物は描くモチーフとして魅力的ですよね。

しかし、一方でなかなか描写するのが難しいものです。特に初心者は苦戦しやすいと思います。

そこで、油絵での人物画の描き方の手順とコツを、分かりやすく解説したいと思います。

実際に描いているメイキングと共に、ポイントを抑えながら説明していきますよ。

\意外と簡単!描いてみませんか?/

まず事前の準備を入念に!

どんな分野でも言えることですが、まず事前準備が非常に重要です。

これをするとしないでは、結果に雲泥の差が出ます。

油絵の制作の際に必要なのは、

まず、構想やアイデアやコンセプトをよく考えること。

そして、構図や明暗や配色を把握し、どう描き進めるかよくイメージしておくことです。

面倒かもしれませんが、その方が作業は格段にスムーズに進みます。

結果的に時間がかかりません。

テクニックよりも、まず自分が何を表現したいかが大切です。

まずは事前準備が重要である。

油絵で人物画を描く手順を解説!

では、人物画を実際に描く手順を見ていきます。

メイキングと共に、詳しく説明していきますよ。

力まずに楽しんで描いていきましょう。

油絵で人物画を描く手順
  1. 下絵を描く
  2. 使う色をパレットにつくっておく
  3. 暗部を描く
  4. ハーフトーンを描く
  5. 明部を描く
  6. 背景を描く
  7. ハイライトを整えて完成!

入門書としては『油絵Style & Process』がおすすめです。

『油絵Style & Process』

下絵を描く

まずキャンバスに下絵を描きます。

おつゆ描き、木炭、カーボン転写などを用います。

油絵の下絵を描く方法
  • おつゆ描き
  • 木炭
  • カーボン転写

ここでは、木炭で描いてあります。また、キャンバスには下塗りをしてあります。

特にどの方法を選ぼうと自由です。僕自身も描く絵によって適宜変えています。

また下塗りには、ジェッソやアクリル絵の具がおすすめです。

おつゆ描き

おつゆ描きとは、油絵の具をオイルでとても薄く溶いて描く方法です。

ペトロールやテレピンといった揮発性油を用います。

早く乾いて、ツヤのないマットな状態になります。

おつゆ描きは手軽ですが、細部までは描きこめません。

木炭

木炭は、デッサン用の木炭を用いて、キャンバスに描く方法です。

木炭は手軽ですが、定着力が弱いです。

描いた後に、フィキサチフなどで線画を保護するといいでしょう。

カーボン転写

カーボン転写は紙などに描いた線画を、カーボン紙を用いてキャンバスに写す方法です。

要はトレースですね。

カーボン転写はやや手間ですが、細部まで描き込めます。木炭同様に線画を保護するといいです。

『人体ドローイングマスターコース』は、人物デッサンのスキルを磨くのに、役立つ参考書です。

『人体ドローイングマスターコース』

下絵の描き方には、おつゆ描き、木炭、カーボン転写がある。

使う色をパレットにつくっておく

本塗りに入る前に、使う色をあらかじめパレットにつくっておきましょう。

あまり馴染みのないものだと思います。しかし、油絵では非常に重要な作業なんです。

その方が、その場で色をつくりながら描くよりも、遥かにスムーズに作業が進むからです。

油絵は粘性の高い絵の具なので、混色は筆ではなくペインティングナイフを用いるのが一般的です。

そのため描きながら色をつくっていては、非常に手間取るのです。

配色を事前によく考え、使うであろう色をつくっておきましょう。

\意外と簡単!描いてみませんか?/

暗部を描く

油絵の描き方は「暗部から明部」の順番が基本です。

デジタルで言うところの厚塗りですね。

なので、暗部から描いていきましょう。

日陰の色味

今回は直射日光によるライティングです。

日光は暖色の光なので、日陰は寒色になります。

そのため日陰の色味は「固有色+ブルー」で描きます。ウルトラマリンがおすすめです。

少し専門的な話ですが、

暖色の光による暗部は、寒色寄りになります。寒色の光による暗部は、暖色寄りになります。

難しいかもしれませんが、超重要な光と色のルールです。



「ひなたは暖色、日陰は寒色」と覚えておくといいですよ。

ハーフトーンを描く

リアルな描写に欠かせない要素がハーフトーンです。

中明部のことで、要は暗部と明部の間の、中間の明るさの色味のことです。

ハーフトーンを描くことで、より立体的で本物らしく見えます。

反射光が当たる部分や、ひなたと日陰の境目などが、代表的なハーフトーンです。

よく観察して描き込んでいきましょう。

ハーフトーンは、固有色の色味で描くとうまくいきやすいです。

暗部やハーフトーンを、しっかり描くのが重要である。

反射光

反射光とは、光源からの光を物体が反射して出来る光のことです。

地面からの光が最もよく現れる反射光です。

物体の陰の部分に反射光がよく見られます。

あごの下、鼻の下など、下を向いている面に強く反射光が当たります。



実際に日常の中で観察してみましょう。様々なところの反射光が見つかりますよ。

ひなたと陰の境目

固有色の鮮やかな色味が、最もよく見えるのが「ひなたと陰の境目」です。

陰に切り替わる直前の部分に固有色を塗ると、より本物らしいリアルな描写になります。

『画づくりのための光の授業』はおすすめです。科学的かつ論理的に、光の効果が解説がされています。

『画づくりのための光の授業』

光の効果など科学法則を知っておくことは、絵のスキルに直結する。

明部を描く

では、明部を描いていきましょう。

あまりちびちび描かず、大きいストロークで伸び伸び描くのがコツです。

また、どうしても明部が目を引くので、初心者はそこに意識を取られがちです。

もちろん明部も重要ですが、暗部やハーフトーンの設定も同じくらい重要です。

それがないと、明部はちゃんと明るく見えません。

ひなたの色味

固有色にホワイトを加えただけでは、ひなたは明るく輝いて見えません。

日光は暖色の光だからです。

ひなたは「固有色+明るい暖色+ホワイト」で描くといいです。

暖色はジョーンブリヤンという、明るい肌色の絵の具がおすすめです。



室内の蛍光灯や曇りの場合は、光の種類は寒色です。固有色にホワイトを混ぜるだけで明るく見えます。

背景を描く

背景も基本は同じです。描きすすめる順番は暗部から明部です。

そして、ひなたは暖色、日陰は寒色です。

また、なるべく大きい筆で描くのがコツです。



僕は背景を描く際に、日本のアニメーターの技術を参考にしています。実用的で、油絵でも問題なく応用できるんです。

木々を描く

風景を描くときに重要なコツは「単純化」です。

細部は気にせず、なるべくシンプルな形で捉えます。球体、円柱、箱型などですね。

また枝の一本一本や、葉の一枚一枚などを捉えようとしてはいけません。

なるべく大きくシンプルなかたまりで捉えます。

地面を描く

地面を描くコツは、遠近をちゃんと意識することです。

地面は単純なので、初心者はベターっと単調に塗りがちです。

地面もちゃんと遠近による描き分けが必要です。

簡単なコツは、「手前ほど濃く、奥ほど淡く」です。

陰影や彩度を、手間ほど強く奥ほど弱く描きましょう。

手前には描き込みを多く、奥には少なくするのも有効です。

ターレンスの「メタルイーゼル」は、軽量コンパクトで使いやすいです。

ターレンス メタルイーゼル 3段ブラック

空を描く

空を描くコツは、雲の配置によるスケール感の演出です。

雲をうまく描写することで、空の広大さを表現出来ます。

まず、上の方の雲ほど大きく、下の方の雲ほど小さく描きましょう。これも遠近法です。

また、雲は部分的に画面からはみ出す様にしましょう。空の広さがよく表現出来ます。

風景・背景を描く際は、単純化や遠近法が重要である。

上級テクニック:被写界深度

少し上級な描き方を紹介します。

ここでも用いている僕がよく使うテクニックなのですが、わざと背景をボカすことです。

背景のエッジをクッキリさせずボカすことで、よりリアルで本物らしい描写になるのです。

ちょうど一眼レフカメラで撮影したように、人物が浮かび上がります。

より肉眼で見た感じに近くなる訳です。要はピントの調節ですね。

こうしたピントの合う範囲を、「被写界深度」と言います。

ウェットオンウェットで、大きい筆で描いていくのがコツです。

被写界深度によるボケは、デジタルだと簡単に表現出来ますね。最近はアニメでも頻繁に使われています。

ハイライトを整えて完成!

明部の上から、さらに明るい色を加えていきます。

最も明るい明部は、乾燥後に描いても構いません。

最後にハイライトを描き込んで完成です。

お疲れ様でした!

完成作品

Creemaにて作品の販売もしています

\意外と簡単!描いてみませんか?/

まとめ

やはり人物画は描いていて楽しいです。

最初は難しいと思いますが、是非チャレンジしてみて欲しいです。

大切なのは基本を抑えること。

何度も挑戦し、うまくいかないときは何故かをよく考えること。

そして何より楽しんで取り組むことです。