描き方

油絵具には毒性があるって本当?健康に影響はないの?

油絵具には毒がある!?

だとしたら何とも怖いですよね。健康に影響などは無いのか気になるかと思います。

そこで、油絵の毒性に関して詳しく解説したいと思います!

楽観視でも危険視でもなく、客観的な事実を知ることがまず重要です。

Creemaにて作品の販売もしています

\意外と簡単!描いてみませんか?/

油絵具には人体への有害性があるの?

絵の具には毒性のある物質を含んだものがある、というのは事実です。

まず、油絵具には本当に有害性があるのか?ということですが、

ただし、実際には人体への有害性はほぼありません。

仮に毒性のある物質を含んだ絵の具をパクッと食べたとしても、特にすぐさま人体への影響は無いでしょう。

長期間に渡り体内に摂取してはじめて、健康に影響する可能性が出てきます。

つまり、通常に使用する分において油絵具が健康に影響することはない、ということです。

何となくで言っているのではなく、科学的な根拠の上で言っています。

油絵を描く際に、毒性をそこまで心配する必要はありません。

絵の具の有害性は極めて低い!

まず、毒性には主に「急性毒性」と「慢性毒性」があります。

摂取してただちに影響が出る強い毒性が「急性毒性」です。

摂取を半年から1年間ほど続けることで影響が出るのが「慢性毒性」です。

まず、油絵具に急性毒性はありません。

急性毒性は数値で決められています。

そして、毒性の物質を含む油絵具でも、その最も弱い基準値にすら達していません。

つまり、油絵具に急性毒性ほどの強い毒性は無い、ということです。

なので、絵の具で人を毒殺するのは不可能だと言えますね。

しかし、一方で慢性毒性は存在します。

長期間摂取し続けることで、健康へ影響する可能性があります。

しかしながら、絵の具を体内に摂取し続けることなど、現実的に考えられるでしょうか?

油絵具を日常的にパクパク食べる習慣でもない限り、そんなことは起こりえません。

つまり、油絵具の毒性はほとんど無視出来るレベルに低いと言えるのです。

一般に有害とされるカドミウム顔料でさえ、急性毒性の最も低い基準値以下です。

絵の具の顔料は体内に吸収されにくい!

絵具は有害性の低い物質なのです。これは、顔料は水に不溶の物質であり、体内に吸収されないため、と考えられます。

油絵具メーカー クサカベ 公式サイトより

絵の具の色の元である顔料は不水溶性です。つまり水や油に溶けません。

そのため、絵の具は人体が吸収しにくい物質なのです

絵の具を食べたとしても、ほとんどが体内に吸収されず排出されます。

入門書としては『油絵Style & Process』がおすすめです。

『油絵Style & Process』

ではなぜ絵の具に有害性の表示があるの?

油絵具の毒性は無視出来るくらい低いレベルです。

つまり、普通に油絵を描く程度で気にする必要はほとんどない、と言えます。

ではなぜ油絵具には有害性の表示がされているのでしょうか?

これは有害性はほとんどないといっても、毒性のある物質を含んでいるのは事実だからです。

警告というよりも、メーカーとしての情報開示の意味合いが大きいでしょう。

有毒性の絵の具まとめ

油絵具に健康に影響するほどの有害性はほとんどない、というのが事実です。

しかし、毒性の物質を含んでいることも事実です。

どちらの事実も無視せず把握することが重要です。

鉛、カドミウム、水銀、コバルトなどが絵の具に含まれる有毒物質の代表です。

どういった色がどういった毒性物質を含んでいるかまとめました。

シルバーホワイト

最も古くからある鉛白をベースにしたホワイトです。現在では主流を外れています。

顔料の鉛白には慢性毒性による有害性があります。

長期間に渡り摂取し続けることで、慢性中毒となる危険性があります。

現在の油絵具の中では、最も注意するべき色と言えます。

カドミウム系

カドミウムイエロー、カドミウムオレンジといった色に使われる「カドミウム」は毒性があることで有名です。

コバルト系

コバルトヴァイオレットなどに使われる「コバルト」にも毒性があります。

毒性の絵の具を体内に入れてしまったらどうするか?

まず落ち着きましょう。深呼吸でもしてください。

まず、絵の具に急性毒性はありません。

ただちにどうこうなるものではないのです。

上でも書いた通り、絵の具の人体への有害性は極めて低いです。

絵の具の顔料は水や油に溶けないので、人体に吸収されにくいからです。

毒性のある絵の具を体内に入れてしまったとしても、ほとんどが吸収されず排出されます。

\意外と簡単!描いてみませんか?/

まとめ

油絵具の毒性に関して詳しく解説してみました。

正確に事実を知ると、大分見方が変わると思います。

「毒性の物質を含んではいるものの、人体への有害性という点で見れば極めて低い」

というのが油絵具の実際です。

なので油絵を描くにあたって、毒性をそこまで心配する必要はありません。